年末調整 個人型確定拠出年金

dc2016

個人型確定拠出年金を今年からはじめて、年末調整用の払込証明書が届いた。

「平成28年分小規模企業共済等掛金払込証明書 確定拠出年金(個人型年金)」
漢字おおいな~
401k

私の場合、個人型として掛金MAXの月23000円に設定しており、7~12月の6か月分で合計138000円を今年払い込むことになる。

来年は12か月分で276000円。

以前の記事(個人型確定拠出年金(DC)で、まずは所得税・住民税を年4万円以上削減してみる)でも書いたが、この138000円がどのように作用するのか確認してみる。

1.社会保険料控除として所得控除となる。
2.所得税と住民税が安くなる

○所得税138000円×私の場合10%=13800円
→これが今年の分として節税となる。

○住民税138000円×10%=13800円
→これが来年の6月以降の住民税節税として影響してくる。

あわせて27600円の節税効果。
掛金138000円に対して27600円のリターン。
所得税・住民税合わせて20%だから、当然だが、リターン率は20%

年収や扶養の状況等にもよるが、一般的な会社員なら15~30%程度のリターンになるかと思う。

複利か単利かでいえば単利になるので、一般的に言われる資産運用の利回りとは考え方が違うが、約2割戻ってくる資産運用系の金融商品てないですよね。

ちなみに来年は倍だから5万円強の節税か。
掛金276000円に対して、5万円強の節税。

2017年1月からの制度改正(対象者拡大)をうけて、各金融機関は個人型確定拠出年金にいっそう力を入れるようなので、これは自然に普及していくのでしょう。

個人型確定拠出年金を始めるにあたってはまず金融機関を選ぶ必要がありますが、確定拠出年金教育協会が運営する「個人型確定拠出年金ナビ」のサイトで、取り扱い商品数や手数料の比較ができるので便利。

生涯にわたる家計収支シミュレーションを見える化できるエクセル・ライフプラン表の作成はこちらから(無料ダウンロード)

↓何かの参考になりましたら「いいね」「ツイート」などお願いしますm(__)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)