金融資産を2倍にするための「72の法則」と地球で一番金持ちになる方法

金融資産を2倍にするための「72の法則」と地球で一番金持ちになる方法

資産運用をするなら72の法則は覚えておくと少し役に立つかもしれない

72の法則というのを聞いたことがあるだろうか。
以前、対面型のFP業務を行っていた際、クライアントに聞くと10人中2~3人は聞いたことがある、と答えていたように思う。

72の法則とは、ある金額を2倍にするための利回りと年数の関係を簡易的に表すもので、もちろんざっくりとした法則ではあるが、投資を行ううえで計算が早くなる場面があったりと、覚えておくといくらか役に立つ。

たとえば、100万円を0.5%で運用すると、2倍の200万円になるまでには・・・
72÷0.5=144

つまり、0.5%で運用すると金融資産が2倍になるまでには144年もかかるということ。
これは気の遠くなる話で。
(ちなみに増えた分にかかる税金は考慮せず)

では、7.2%で運用できるとすると・・・
72÷7.2=10

つまり、10年で金融資産が2倍になるということ。
このくらいの期待値がもてればみんな産運用をやってみたいと思うでしょう。
私が子どものころ親に「郵便局に預けておくと10年で倍になるんだよ!」と聞かされたのを覚えている。

72(1)

では、100万円を72%で運用できたら1年で2倍になるのかというと、200万円ではなく172万円にしかならないので、「72の法則」というのはあくまでも参考ということになる。

↓ある金額が2倍になる年数と利回りの関係を30年分確認してみた。

利回り72の法則
ん~、9年目~13年目は72の法則だが、16年目以降はむしろ70の法則という感じ。
ただし、10年目はキレイに72の法則になっている。

利回りグラフ72の法則
長期になればなるほど、利回りの差はあまりでなくなる。

複利の効果 単利との違いを知っておこう

アインシュタインが「人類最大の発明」と言ったとも言われる複利
上記の72の法則も複利計算がベースになっている。

複利とは、たとえば100万円を年10%で運用すると、

1年後には110万円になる。
2年目に110万円を年10%で運用すると121万円になる。
3年目に121万円を年10%で運用すると133.1万円になる。
4年目に133.1万円を年10%で運用すると146.4万円になる。
5年目に146.4万円を年10%で運用すると161.0万円になる。
6年目に161.0万円を年10%で運用すると177.2万円になる。
7年目に177.2万円を年10%で運用すると194.9万円になる。
8年目に194.9万円を年10%で運用すると214.3万円になる。
9年目に214.3万円を年10%で運用すると235.8万円になる。
10年目に235.8万円を年10%で運用すると259.4万円になる。

複利に対して、単利とは元金100万円に対して毎年10%だけ増えるというもの。
1年目から10年目まで年間10万円ずつ増えるから、10年運用して100万円増える。
つまり、合計200万円になる、ということ。

複利と単利

複利と単利グラフ

30年ともなると、単利10%で100万円が400万円になるのに対し、複利は1745万円になる!

じゃあ100年なら。
単利で1100万円になるのに対し、複利は138億円になる!

じゃあ200年なら。
単利で2100万円になるのに対し、複利は190兆円になる!

これは、1代ではなく2代、3代、4代、5代と孫、ひ孫、その先まで一貫した投資を続ければ確実に地球で一番金持ちになれる。(相続税のない国なら)

残りの人生のライフプランと資産運用の関係を明らかにしたいなら。【無料】エクセル・ライフプラン表のダウンロードはこちらから▼

※PCからダウンロードください。

▼何か参考になることがありましたらシェアいただけると嬉しいです。