金融資産が2倍になるときの法則(72の法則)


「72の法則」をご存知でしょうか?
(独自アンケートによれば(笑))、10人中2~3人の方は聞いたことがあるようです。
72の法則を知っておくと、どんなメリットがあるか?
計算機がなくても運用利回りと運用の効果をある程度計算することができます。日常そんなに頻繁には役に立ちませんが、これから資産運用して、
「目標:〇年後までに〇〇〇万円にするぞ!」と考える際の目安になるかもしれません。具体的には、
「72」で、「年間期待利回り」を割ると、投資した資金が2倍になる年数が割り出さるというものです。
(あくまでもおおよその数値です)


100万円を0.5%で運用すると、200万円になるまでは・・・

72÷0.5=144

200万円になるまでには144年かかるということです。
(税金は考慮しておりません)

100万円を7.2%で運用できたとすると、

72÷7.2=10

10年で2倍になるということですね。

72(1)


では、100万円を72%で運用できたら1年で2倍になるのかというと、172万円にしかなりませんから、あくまでも参考の数値ということです。

エクセル・キャッシュフロー表の作成はこちら(無料ダウンロード)

↓参考になりましたら「いいね」などお願いしますm(__)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)