家計簿アプリいくつか

家計簿アプリいくつか

家計簿アプリは情報漏えいしたらマズイんじゃないかということで敬遠してきたが、これからの時代ますます家計簿アプリも進化していくのだろうと思っています。

このブログで紹介しているエクセル・ライフプラン表も、アプリ化できないかな~と考えていますが、アプリをひとつつくるのって100万円以上かかるようで・・
いつかクラウドファンディングに挑戦してみようかと考えたりもします。

周辺知識、競合調査という意味でも家計簿アプリは知っておく必要があります。

「Money Forward」
550万DL 知名度はトップクラス 銀行口座、クレジットカード情報を登録すると、自動的に残高を更新してくれる。また、レシートをスマホのカメラで撮ることで、支出面の家計簿が自動生成されていく。収支、過去の資産残高推移などが自動的に生成されていくという全自動家計簿という感じ。運営会社は(株)マネーフォワード 社長は辻 庸介 1976年生まれ ソニー→マネックス証券→マネーフォワードを2012年に立ちあげ。法人関係の会計ソフトMFクラウドシリーズも手掛ける マザーズ上場 2017年売上26億、赤字10億

「Moneytree」
銀行残高、クレジットカード情報などが自動で生成されるのはMoney Forwardと同じ。加えて、マイルやポイントカード情報も分かる。数十万DL 運営はマネーツリー(株) 代表はポール チャップマン 外資なんだね

「だーぱん家計簿」
100万DLくらい? これは銀行口座パスワードなど漏えいしたらマズイ情報は入力しない。単純にもらったお金とつかったお金を手入力で記録 ぱんだのかわいさだけがウリ。女性向けですね ハマる人はハマるのか

「Zaim」
650万DL マネーフォワードと似た感じで銀行口座、クレジットカード利用歴など自動的に管理してくれる ネットショッピングはアマゾンのみ提携、など少し制限もあるよう 社長は閑歳 孝子 プログラマー出身なのか 1979年生まれ(同年代か) 2012年設立(マネーフォワードと同時期なんだ~)

家計簿アプリはとりあえず無料で使えるが、登録口座数を〇コ以上などにしたい場合は月額300円~という感じのビジネスモデル。

やはり情報漏えいは怖い感じがするんだけどなぁ・・

若い人で情報漏えいリスクよりも利便性を感じている人にとってはありがたいツールなのでしょう