クラウドソーシング×FP

FP

ランサーズ、クラウドワークス、ココナラ・・・ こういうのを「クラウドソーシング」という。

クラウドソーシングとは、
クラウドソーシングは群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語。
不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセス。
(wikipediaより)

こういうのを個人間でのスキル販売、副業の一種、働き方改革・・・そのぐらいのイメージでいたんだけど、もっと進んでいてクラウドソーシングを提供するサービスはすでに数十社あり、個人だけでなく法人としても仕事を得る一つのリソースとしていたり、これから5年後、10年後、20年後はもっと伸びていく市場・手法・ツールなのだろうと感じる。

クラウドソーシングサイト一覧と比較 ~おすすめポイント・評判~

カーシェアとかウーバーとか民泊とかのシェアビジネスも拡大してくのだろうし、ますます従来型の企業取引が崩れていくのでしょう。

FP × クラウドソーシング

FP業としては現状それのみでは成り立ちにくいビジネスだが、ニーズはあって、単に敷居が高い、ニーズと提供者の距離が遠いという課題があるのだろうと思っています。

FPサービスが1件3万円だとしても、そんなに依頼があるわけでもなく、それだけで運営できているFPは日本で何人いるんだろう、という感じです。

FPもクラウドソーシングによってもっと普及する可能性がある。
FPが安価で広く普及すれば、それだけこの超高齢化社会による将来不安が減るだろうし、サービス提供者もそれでFP資格が有効活用できれば、よりFP資格者が増えて、好循環になる。

FP協会としては27年度はFPの会員数が増加しましたと言っているが、9443人増えて、8111人退会している。

退会者多くない?

AFP、CFPとも年会費が12000円かかるが、私の周りでもそれ払うの意味ないってことで、FP資格を放棄する人が結構いる。

FP会員数
FP会員数

AFPが約15万人、CFPが約2万人、一般会員もあわせればFP会員は約20万人いるわけだが、会員の出入りが激しい印象がある。

FPがクラウドソーシングで仕事ができるようになれば、退会者を激減させられると思うのだがいかがだろう。

・会社員の副業として
・主婦の在宅ワークとして
・FPのフロントサービスとして
・金融機関(生保、証券、銀行など)のフロントサービスとして

もちろん、クラウドFPとして生活していくことも可能だと思う。
たとえば1件平均単価3000円~5000円くらいで、1日数件対応できれば、会社勤めによらない生き方が可能。

こんなサービスを2~3年以内につくりたいと考えています。

FP会員20万人が一人ひとり少しでも機能すれば好循環な日本の一助になりえると思います。

生涯にわたる家計収支シミュレーションを見える化できるエクセル・ライフプラン表の作成はこちらから(無料ダウンロード)

FPを目指す方はこちらから

↓何かの参考になりましたら「いいね」「ツイート」などお願いしますm(__)m