住宅ローンを組んだら保険はどうしたらいいか?

住宅ローンと保険見直し

住宅ローンには死亡保険が付いているので、他の保険は減額してもいい理屈

住宅を買って、住宅ローンを組むときは保険の見直しも検討するといいと思います。住宅ローンにはたいてい「団体信用生命保険」という死亡保険が付いているので、住宅ローンを払っている人が万一亡くなった場合には、住宅ローンを肩代わりしてくれます。つまり、他の死亡保険を減額できる理屈になり、これまでの生命保険料を節約できるケースもあります。

ただ、そもそも、それまでの死亡保険が少なかった場合は見直しをしても保険料の節約にならないケースもありますが、これを機に適正な必要保障額になると思えばよいでしょう。

「団体信用生命保険」は銀行ローンの場合は金利に組み込みなので保険料を払っているという感覚はあまりありません。

フラット35を利用する場合はローン残高の約0.35%(死亡時のみの場合)を毎年保険料として払います。3000万円のローンなら年間10万円程からはじまり、毎年ローン残高に応じて保険料は減っていきます。なお、3大疾病付だと、保険料率は約0.55%になります。

団信特約料シミュレーション
借入額3000万円、返済期間35年、借入金利1.5%の場合。
・死亡時のみ特約料107,300円/年
・3大疾病保障あり特約料164,000円/年

結構な保険料(特約料)になりますよね 🙁 。
やはり、その分他の生命保険を見直しして節約できないか是非考えたいものです。

必要保障額を確認しておく

ここで大事なのが死亡時の必要保障額がどれだけになるか、を計算してみることです。
住宅ローンを夫が組んでいる場合、残された家族はちゃんと生活していけるのかということですね。

必要保障額は、住宅ローンを組んでいる方が亡くなった後の「金融資産」+「収入」-「支出」で計算します。一生涯の分を計算する必要があります。

一家の主が亡くなってしまった場合の一般的な収入(プラスの資産)は、
これまでの貯金、死亡退職金、遺族年金、配偶者の収入など。

支出は、
生活費、教育費、その他など。

必要保障額の計算例:
[収入面合計11,120万円]
〇妻33歳、子3歳、夫=会社員(平均標準報酬月額35万円)
〇金融資産500万円
〇会社からの保障600万円
〇妻の収入、年間100万円×35年
など

[支出面合計15,460万円]
〇生活費240万円×19年、妻一人の期間は180万円×38年
〇子供の教育費1090万円
〇妻の保険料1140万円
〇自動車関連1830万円

必要保障額=4,340万円

必要保障額2
このエクセルファイルを添付しておきます。

過去の記事→死亡保険 必要保障額の計算

住宅ローンを組んだあと一番怖いケース

ちなみに、住宅ローンを組んで一番危険なのはどういうケースでしょう?

返済が大きいにもかかわらず、大きな病気やケガで収入が減り、かつ、医療や介護にお金や労力がかかり、住宅の価格も買った時から下がり、売ってもローンだけが残ってしまう場合でしょうか。

それを考えると住宅を買うのをためらってしまいそうですが、それは賃貸でも同じですね。少なくとも死亡時のキャッシュフローは住宅ローンを組んでいる方がベターにはなるはずです。

住宅ローンを組む方は病気やケガで働けないというリスクに備えて、「長期所得補償保険」も検討してはいかがかと思います。免責期間はありますが、働くなった期間(医師の診断書要)は月〇〇万円給付される、というような保険です。取り扱い保険会社は少ないのですが、ライフネット生命や、日立キャピタル損保で提供しています。ライフネット生命はネットから、日立キャピタル損保は保険ショップ等で加入できます。

住宅購入には、万一の際のローンが残るリスク、住宅の価格下落リスク、金利上昇リスク、火災等の災害リスク等があります(転勤もリスクでしょうか)。そのあたりもトータルで検討し、できる備えをしておくことで、安心感と満足度の高い住宅購入ができると思います。

面倒がらず色々考えたり、場合によってはFPなどに相談するのも良いでしょう。

まずは、夫が死なない場合のメインシナリオ(エクセル・キャッシュフロー表)の作成はこちら(無料ダウンロード)

↓何かの参考になりましたら「いいね」」「ツイート」などお願いしますm(__)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)