ヤフオクフリマモードで出品→ネコポスで配送したらすごく簡単だった件

ヤフオクフリマモードで出品→ネコポスで配送したらすごく簡単だった件

PCのメモリを入れ替えて、もともと付いていたメモリを売ろうかなと思い立ち。
ヤフオクか、つかったことないけどメルカリかな~と思ってメルカリアプリをダウンロードしてみたが何となく使いにくい感じがした。

そしたらいつの間にかヤフオクに「フリマモード」というものが登場していることに気づく。
メルカリに対抗したらしい。

フリマモードの主な特徴
1.オークションではないので売りたい金額で設定する。
(値下げ交渉もある)
2.ヤフープレミアム(月額約500円)に入らなくても出品できる。
3.落札価格の10%が手数料としてとられる(ヤフープレミアム未加入の場合)。
4.相手との直接連絡がほぼ必要ない。
5.配送時の現金はいらない。

ヤフオクはたま~にしか出品しないので、以前出品した際はヤフープレミアムに一時的に加入して、脱退ということが何度かあったが、「フリマモード」はそれがないので、だいぶラクだった。しかも低価格出品だったので。

よし、出品してみよう!
と思い立ってから、出品完了まで10分くらいかな、それから10分程で値下交渉メールが来て、値下交渉を受けて、落札完了。相手が支払い手続きを行って、翌朝ファミマからネコポスで配送、すべてが完了した。すごく早い。ヤフオクだったら通常、入札期間を設定してそれが終わるまで落札が決まらないが、このフリマモードの早さは魅力的だ。

19:00頃
品物の写真を取ってヤフオクフリマモードにアップ
品物名と簡単なコメントを書いて、値段(2000円とした)を決めて、
配送にネコポスを選んで出品。すごく簡単。
 
19:10頃
さっそく値下げ交渉がありメールが届く(1500円にしてほしいと)
→値下を受けるボタンを押したら落札完了。
 
19:20頃
支払手続き完了メールが届き、ネコポス用の「QRコード」ができる。
 
翌朝
ファミマのファミポートから、「配送」→「ヤフオクなど」→「QRコード読み取り」→「レジで手続き」完了。

以前のヤフオクの感覚で何か連絡をしなきゃならないのかな~と思ったが、「落札者の手続きを待ちましょう、出品者からの連絡は不要です」と。思い切った簡素化。この「やり取り不要」というのがフリマアプリの流行った理由なのかも。

ファミポートも使いやすくまったく迷わなかった。
ファミポートから出た伝票をレジへ持っていき、ネコポス的なシールを貼って、そこに送付伝票のようなものを挟み込む。てっきり送料を払うのかと現金を握りしめていたが、「0円になってますよ」と。配送料はヤフーウォレットに登録してあるクレカに請求されるようだ。

ここまで本当にカンタンだ。

しかも配送完了連絡も不要。ネコポスで配送したら自動的に配送連絡をしてくれるシステム。
徹底的に相手との個別連絡は排除してくれている。
何か困ったことがあるときだけ相手に連絡すればよいことになっている。

落札価格が1500円だったから10%の150円と配送料205円が引かれて1000円ちょっとが振り込まれるのか。
そんなことより、この個人間売買をここまでカンタンにしてくれた思想とテクノロジーに驚いたヤフーフリマモード体験だった。