将来収支が赤字の場合のライフプラン対策


将来の収支が赤字になる場合、どうするか?

キャッシュフロー表を作成すると将来の金融資産が赤字になるケースがあります。将来どうなるかは分かりませんが、メインシナリオ(死亡、大病、離婚、大災害など大きな環境変化がないシナリオ)が赤字というのは放置できません。少なくとも黒字で終わるシミュレーションにしておきましょう。

対策-収入を上げる
1.共働き
2.副業
3.転職
4.昇給・昇進
など

対策-支出を減らす
1.基本生活費を下げる
食費、外食、通信費、小遣い、光熱費・・・削減できるものがないか検討しましょう。キャッシュフロー表上どう反映するか確認できるようにする意味でも、節約金額は年間10万円以上を目安にすると分かりやすいと思います。

2.住宅費を下げる
住宅のグレードを下げる対策は取りづらいですが、一般的に住宅費は生涯一の支出になる項目ですので、可能なら検討しましょう。良い物件があるなら住宅を購入することで結果的に住宅費を下げることもあり得ますね。親との同居も大きなパワーになり得ます。

3.教育費を下げる
あまり手をつけたくない部分ですが、たとえば大学については奨学金を検討するなどあり得ます。

4.保険を見直す
国内大手の生保会社は割高です。見直すなら外資系や損保系生保がおすすめです。自動車保険も事故の際割り切れる気持があればネットでも良いでしょう。場合によっては年間10~20万円削減可能な分野です。

5.自動車を見直す
都心ならカーシェアなどもあり得ますね。

などなど

あれこれ悩み、優先順位をつけて対策を打つ。
それが余計な不安を取り除くことにつながると思います。

エクセル・キャッシュフロー表の作成はこちら(無料ダウンロード)

↓参考になりましたら「いいね」などお願いしますm(__)m