いまはじめる国際分散投資とこれからのスタンス(2016夏)


10年以上の長期&国際分散&積立投資を考えると、大切なのは決めたポートフォリオ(資産配分)を維持することであって、その時々のトレンドに感情を動かされてはいけない、愚直に機械的に運用するのみ。

なぜなら各資産は上げ下げを繰り返しながら長期的にはプラスになっていく見込みなので、一時のマイナスはその後のプラスで解消されていく。

決めたポートフォリオは1年ごとなどリバランスして資産配分割合を維持して、期待リターンとリスクを一定に保つ。

・・・とは言ってもいま投資を始めるにあたっていきなりマイナスに落ち込みしばらく抜け出せない・・というのは悲しいので、長期的な各資産のパフォーマンス推移を参考に、これからの投資スタンスを考えておきたいと思います。

↓1993年~2016年4末までの各アセットごとの騰落率(インデックスベース)
騰落率2016.4末

過去約25年間の騰落率から考えると?

各資産そうですが、ずーーっと上げ基調というのはないです。一概に言えませんが、5~7年ごとにドーンと落ちます。そしてまたプラスが何年か続いて・・というのを繰り返しているようです。たまに起こる自然の大災害(大型の台風、地震、噴火)のようです。

日本株は過去約25年間の平均リターンが1.3%です。なんともさみしいですね。
何年かプラスでその後20~40%程度下落します。
いま、過去数年を見ると、結構大きなプラスが続いてきたので、今年に入ってからのマイナスはまだまだ下げ切ってないと考えるべきかもしれません。

消費増税からの消費マインド冷え込み→日本経済の停滞 と言われていますが、
消費増税は単なるきっかけで、日本株は落ち込むタイミングを待っていたのかもしれません。

投資において、ひとは踊らされる性質があるので、パフォーマンスが良いと聞くととびつき、その後落ち目を見る傾向があることから考えても日本株で儲けようとした場合、かなり難しかったと思われます。

投資の基本は 「安く買って高く売ること」 これのみです。
ただしいつ安いのかは、直近数年の情報をテレビや新聞、知人から仕入れるだけでは不十分。もっと長い目でトレンドや騰落のリズムをつかむべきです。

外国株も2012年以降大きなプラスが続いてきました。
これは為替(円安)の影響も大きく関係していて、たとえばドル円でみれば2012年当初は80円程でした。それが、2015年末には120円程まで推移し、2016年6月時点で110円弱という感じです。

為替と外国資産の考え方は、
円安になる→ドル高になる→ドル資産の価値が上昇する

逆に、
円高になる→ドル安になる→ドル資産の価値が下落する

為替は外国資産への投資にあたって5~7割影響すると言われますので、無視できません。ざっくりドル円を確認すると以下のような感じです。

1985年のプラザ合意以降、どんどん円高が進み、1995年に80円程まで推移、その後反転、1998年には150円程になり、その後120円をはさんでウロウロ、最近では2007年のサブプライム問題、2008年のリーマンショックをきっかけに円高になり80円程→現在110円程。
長期ドル円推移

これからドル円がふたたび80円台にまでならない方が日本経済にとっても、国際分散投資にとってもベターですしそう願いたいところでしょうが、何かのきっかけで2017年ぐらいまでもう一段ガツンと下がってもおかしくない状況であると思われます。

アメリカ大統領がヒラリーになるにしてもトランプでも、何かのきっかけで経済がもう一段悪化し、その責任を問われるのかもしれません。大統領が悪いわけでなく、経済循環の流れなので逆らいきれない、そういうことが起こるのかもしれません。

いま考える投資戦略、心構え

為替の影響もあり、外国債券も外国リートも同様に2012年以降好調をキープしてきました。
騰落のリズムでいえば、あと1~2年は厳しい時期と考えるのも自然です。

一方、アメリカがこれから徐々に利上げをしていくようですので、アメリカの金利が上がる→アメリカにお金が集まる→ドル高になる→外国資産が値上がりする。
そう考えることもできます。

一定割合外国資産も含めつつ、やはり国際分散投資が有効かもしれません。

そうはいっても、これから1~2年の投資は、大幅な上昇は見込みにくいという環境でしょう。そういうときは、安い値段で仕入れ続け、平均価額(個別元本)を抑えておくと考え、やはり積立しながら3~5年後にふたたび上昇するのを待つという感じでしょうか。

3~5年後といえば東京オリンピックもありますし、その頃投資成果が好調になる。そしてその後どこかでガツンと下落し、また上昇し、10年後より先には累積投資額に対して総じてプラスをキープできるようになる・・・長期推移をみれば、そんなスタンスで良いのだと思います。

ライフプランと投資の効果を検証するにはライフプラン表の作成が有効です。こちらから無料ダウンロードできます。

エクセル・ライフプラン表のダウンロードはこちらから(無料)
※PCからダウンロード、操作ください。
(スマホからは開けません)

キャッシュフロー表の入力方法はこちら

↓使用期限なしのファイルはこちらから(※PCからダウンロードしてください)。期限なしダウンロード「なんだかよく分からないのでライフプラン表をつくってもらいたい」という場合はこちらから
ファイナンシャルプランナーが個別のライフプラン表(ライフプラン表)を作成、エクセルで提供します。
↓何かの参考になりましたら「いいね」「ツイート」などお願いしますm(__)m

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)