ファイナンシャルプラン関連しあう6分野


個人のライフプランを考えるとき、ファイナンシャルプランニングでは主に以下「6つの分野」を扱います。そして各分野は独立して検討するのではなく、少なからず関連しあうため、総合的に検討する必要があります。

1.ライフプラン
2.リスクと保険
3.不動産(住宅)
4.金融資産運用
5.税金
6.相続

1.ライフプラン

現状の収支を確認し、住宅、教育資金、老後などライフイベントを包括してシミュレーションを行います。ここでは大きな病気やケガ等がない前提で考える「メインシナリオ」をつくります。将来の収支が厳しい場合には優先順位を確認し、収入を上げるか、支出を減らす検討を行います。

2.リスクと保険

家族の死亡、大きな病気・ケガ、就業不能などのリスクに備えるための検討を行います。最悪の想定として主に、世帯主が今亡くなってしまった場合や就業不能時のシミュレーションを行います(「リスクシナリオ」)。世帯の収入や環境がどうなるかを想定し、必要に応じて配偶者の収入を上げる、支出を減らす、保険を活用するなどの対策を検討します。

3.不動産(住宅)

個人の支出としては一番大きな買い物になりうる住宅について購入計画や賃貸プラン(借りる、貸す両方)、修繕・維持費用などの最適プランを検討します。

4.金融資産運用

個人の「リスク許容度」と「資産運用の目的」に応じて、ローリスクローリターンやミドルリスク・ミドルリターンなどの基本戦略のもと、どのような金融資産に投資すべきか検討します。また、資産運用を行っていると、たとえば「日本株は調子いいけど、海外資産は調子悪い」ということが生じ、当初の保有資産割合が変わってきます。「安値で買って高値で売る」という基本的な投資哲学の実践と、当初の「基本戦略」に立ち返る意味で、定期的(たとえば1~2年ごと)なリバランスも検討します。

5.税金

一般的な会社員世帯の場合、いますぐに節税などの対策はとりづらいものですが、徴収される税の仕組みを知ることで場合によっては税額を抑えることもできます。特に大きなお金が動く住宅の売買、相続では選択肢によって税額が大きく変わるケースがあります。また、保険に加入することでの保険料控除や、金融資産運用で差益が出た場合の税額を知ることも大切です。

6.相続

相続対策は、①円満な相続、②相続税対策の2つを検討する必要があります。相続をうける立場の場合、積極的に相続対策に関与しづらい場合もありますが、相続対策の選択肢を知ることで、無駄に争ったり、無駄な相続税を払わなくて済むケースもあるでしょう。少なくとも、どれだけの相続資産があるのか、それを円滑に分けることができるか、相続税はどれだけかかりそうか想定しておく必要はあるかと思います。

関連しあう6分野

上記6分野はそれぞれ分けて考えるのではなく、関連しあう前提で検討する必要があります。

たとえば、「住宅購入」の場合、”税金“が関係しますし、どこにいくらの”住宅“を買うかで大筋の”ライフプラン“が決まることもあるでしょう。住宅ローンを組めば団体信用生命保険に加入することで”保険“を見直すきっかけにもなりますし、最終的にその住宅を誰に”相続“させるかまで考えることもあるでしょう。

「金融資産運用」の場合、差益に”税金“がかかります。また、”住宅ローン“がある場合、たとえば手元にある〇〇〇万円を繰上げ返済するのか、”資産運用“に充てるか、”教育資金“にとっておくかなど検討することもあり得ます。

各分野それぞれ独立した専門家がいますが、ファイナンシャルプランニングのメリットは、包括して考えることで全体の最適化を目指すことができるという点です。広く浅く、ときには深くというところでしょうか。そして必要に応じて各専門家に個別の対策(具体的な住宅購入、相続税の計算/対策、資産運用実行など)を依頼することでより良い生活設計を目指していきます。

全体最適化のためのエクセル・キャッシュフロー表の作成はこちら(無料ダウンロード)

↓参考になりましたら「いいね」などお願いしますm(__)m