老後お金に困らない人、貧困化する人。


人生、最終章は「老後」となるのが一般的。老後をどう過ごすのか?
60代で会社をやめてもまだまだ人生長いです。男性でも平均余命20年以上あります。女性なら平均余命30年近くあります。

働かないで過ごすなら、なんてつまらない生活なんだろうと思う。
働くとしても誰かに雇われるのじゃなく、自分の手で、スキルで、雇われず何かをしたいと思う。

世界では格差がより顕著になり、総中流といわれた日本も数十年後、より格差が広がると考えるのが自然で、貧困老人・貧困世帯が〇〇割など相当数出てくるものと思われます。

いま老後準備として何もあてがないのに何もしていない・できない人、何も考えない人、なんとかなると安穏とする人、年金は先細りだから真面目に考えないといけないんじゃないかと思うが人生、今はどうしようもないこともある。

逆に、夫婦共働きで仲良く、離婚せず、早い段階で大きな病気に罹らず、大きなトラブルなく過ごす世帯はきっとこの超高齢化時代も乗り切っていくのでしょう。

人の根本は変わらない。怠け者は一生怠けて過ごす。それは変わらないから一定割合怠け者が存在するものとして受け入れ、それでも少なくとも自分は助かるように何かを実行していく。

いま老人になっている人は怠け者でもなんとかなっているかもしれないが、数十年後はなんともならない確率が飛躍的に高まる。だからこその自助努力。

↓以下、勝手に考えた。

老後お金に困らない人    貧困化する人
長期的な計画を立ててやるべきことを実行する人 長期的な視点が持てない近視眼的な人
夫婦で賢く働く人 独身でギリギリの生活を送っている人
高給取りで、浪費家でないひと 低い給料の割に浪費する人
夫婦仲の良い人 あてもないのに離婚する人
相続で大きな資産を引き継ぐ人 相続など期待できず、ギリギリの生活を送っている人
稼ぐ意識のある人 仕事は基本的に嫌いな人
老後をシビアに考える人 老後すぐに死ぬと思っている人
手に職を持ち老後も仕事を続ける人 手に職がなく雇われるしかない人
なんでも自分の責任と考えられる人 他人のせいにしたがる人
なんとかならないかもと思う人 「なんとかなるだろう」が口癖の人
ハメをはずしても金勘定はできている人 ハメを外すだけの人
秀でたスキルを持つ人 特になにもない人
一事を継続できる人 あきっぽい人
健康を維持する人 体調管理より暴飲暴食、たばこ等を優先する人
温厚でトラブルを起こさない人 怒りっぽいトラブルメーカー
何が大事か考える人 何か大事か分からないからとりあえず買っちゃう人
人の話が聞けて役に立つ人 人から必要と思われない人
 法令等守る人 犯罪をおかす人
 主体的な人 依存的な人
 他人を尊重する人 自己中心的な人

ほかに何か思いつくことあれば教えてください。

稼ぐ能力も意思もなく、貯金も長期計画もスポンサーもないくせに他人のせいにばかりして怠けている人には厳しい現実が待っているかも。

まずはエクセルでライフプラン(キャッシュフロー表)を作ってみる場合はこちらから(無料ダウンロード)

↓何か面白いことがありましたら「ツイート」「いいね」などいただけると大変喜びます。m(__)m