エーオン、ウィリス

経営統合により世界最大の保険ブローカーへ(エーオン+ウィリス)

JP

保険仲介大手エーオンは9日、同業のウィリス・タワーズ・ワトソンを約300億ドルで買収すると発表した。合併後には世界最大の…

世界的な保険ブローカーであるエーオンとウィリスタワーズワトソンが経営統合するとのこと。

規模的に2位と3位の保険ブローカーが一つになることで、マーシュを抜いて世界最大の保険ブローカーになります。

 

自分でつくれるエクセル・ライフプラン表

世界の10大保険ブローカー 日本で自動車保険、火災保険などの損害保険を契約する場合、9割以上が保険代理店を通じて契約して…

エーオンおよびウィリスの日本法人もあり、それぞれ保険ブローカーまたは保険代理店として活動しているので、今後、事務所の統廃合、人材の再配置、社名の変更など何らかの影響が出てくるのでしょうか・・

それぞれ全世界でいえば数万人の会社なので、日本の大手保険会社くらいの規模があります。

一方、日本の保険代理店は一番大きい保険の窓口で3000人規模で、その他は大きくても数百名、平均すれば1社あたり10名規模。

日本初の世界的な保険代理店(ブローカー)というのは今のところありません。

大きければ無条件に良いというわけではありませんが、システム面やノウハウ、間接コスト、保険会社との交渉力など、経営の効率化という意味で会社規模は一定の影響があるでしょう。

保険代理店は顧客との接点であり、その業務品質が顧客満足度に直結します。

日本にも1万人規模の保険代理店が2~3個あると保険業界の在り方とか存在意義、社会への影響などだいぶ変わるかなという感じがします。

 


(注)記載のある各保険については一般的な内容の説明です。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款等をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。


 


>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG