入力方法・ライフプラン表作成のヒント集

使用方法編

・エクセル・ライフプラン表の基本的な入力方法
・エクセル・ライフプラン表の使い方Q&A
・【動画】ライフプラン表作成例
・積立投資はライフプラン表にどう反映させるのか?
・ライフプラン表のスタート時点は当年の1月1日が良い理由

家計収支編

・【無料ダウンロード】1年間の家計簿はエクセルA4・1枚だけでOK!
・家計の月間支出は平均どれくらい?
・一世帯トータルでいくらお金が必要か?
・【会社員向け】年収から年間手取額(可処分所得)を簡易計算できるエクセル 2020年(令和2年)版
・“世帯年収別”1か月ごとの平均消費支出と我が家の家計を比較できるエクセルツール!
・20年後、公的年金は今より2割程目減りする?(所得代替率の件)
・将来のライフプラン表をつくったら家計が大赤字だった場合はどうすればよいか?
・【動画】ライフ(マネー)プラン表の終了年を”90歳”→”100歳”に上げる方法
・【動画】複数の保険料推移をライフ(マネー)プラン表に反映するやり方
・住宅購入後、妻はいくら収入を得ればよいかのシミュレーション
・子どもが一人増えると大学卒業までいくら必要か
・子供の教育費無償化について
・働き方が変化する中でライフプランニングはどう変わるか
・夫婦の財布が別の場合、家計簿はどうすればよい?
・老後も豊かな生活世帯 vs 老後貧困化する世帯
・会社の退職金と確定拠出年金一時金あわせて税引後いくら手元に残るか?
・最低限身に付けるべき金融リテラシー15項目
・ライフプラン表作成に役立つサイト5選
・【ケーススタディ】独身世帯のライフプラン表
・年収1000万円でも老後破産するのはなぜ?

住宅購入編

・住宅ローン返済が不安ならエクセルでライフプラン表をつくってみよう!
・【ケーススタディ】ライフプラン表をつくって住宅購入可能額を検討する
・ライフプラン表をつくって、いくらまでの住宅購入ができるか検証する方法
・住宅購入資金のうち頭金の平均はいくらぐらい?
・【動画】年収500万円で3000万円のマンションが購入できるかのライフプランシミュレーション
・住宅ローン金額、金利、期間ごとの返済額早見表
・40代で住宅ローンは何年返済にするべきか
・住宅ローン減税期間中は繰上返済をしない方がよいのか?
・【動画】ライフプラン表で住宅ローンの繰上返済を計画する
・【自分でつくれるエクセル・ライフプラン表】繰上返済効果を確認する方法(カンタンです)
・手元の500万円で住宅ローン繰上返済するのか、資産運用にまわすのか
・住宅ローンの安全な返済比率は税込み年収×〇%以内!
・【三段階金利対応!】住宅ローンをエクセルでシミュレーション!
・住宅ローン金利0.5%、1.5%、3.0%のときの繰上返済効果の違い
・住宅ローン控除はトータルでいくら還付されるかのシミュレーション
・住宅ローンは何年で組めばよいのか
・住宅ローンは固定金利、変動金利どっちを選ぶ?
・住宅ローンは固定金利、変動金利どちらを選ぶ?
・2021年3月新築住宅ローン最新低金利TOP3<30年超固定金利・フラット35編>
・2021年3月新築住宅ローン最新低金利TOP5<変動金利編>
・住宅ローンを組む際の諸費用は物件価格×〇%

リスクと保険編

・保険契約一覧表(エクセル・無料ダウンロード)
・会社員の夫が亡くなったら遺族保障年金はいくら受け取れるのか?
・妻が専業主婦の家庭の世帯主が亡くなったら家計はどうなるか?
・ライフプランシミュレーションから夫の合理的な死亡保険金を確認する方法
・死亡保険 必要保障額を計算してみよう!
・死亡保険 必要保障額の推移シミュレーション
・生命保険料が半額以下になる?収入保障保険
・払った保険料が戻る系の医療保険2選
・世帯当たりの生命保険料は平均いくらぐらい払っているのか?
・大病や大ケガでの長期就業不能に備える。ネット加入できる就業不能保険はどこが一番リーズナブルか
・ネット生命保険はどの会社が最もリーズナブルか?(収入保障保険編)
・ネット生命保険はどの会社が最もリーズナブルか?(医療保険編)
・ネット生命保険はどの会社が最もリーズナブルか?(定期保険編)
・医療保険は必要なのか?生涯の保険料と受け取る保険金から考えてみた。
・住宅ローンを組んだら死亡保険は減額、保険料を節約していい?

資産運用編

・投資信託3つの特徴と、もし10年前からコツコツ積立分散投資していたら?
・長期投資の効果-だれでも1億円はつくれる
・過去31年間(1990-2020)の投資結果シミュレーション(エクセルツールあり)
・iDeCo・投資信託 元本割れを回避するための長期保有戦略とは?
・成功するための個人型確定拠出年金(iDeCo)の始め方とは?
・イデコ(iDeCo/個人型確定拠出年金)で、まずは所得税・住民税を年4万円以上削減してみる
・資産運用の効果をライフプラン表に反映するやり方
・将来の年金不安はライフプランニングと積立投資でリカバーしよう!
・金融資産のうち、何割くらいまで投資に充ててよいか?
・老後の資産運用は運用しながら取り崩すことの効果について
・公的年金だけでは不足する老後生活でも資産運用効果で資産が減らないライフプラン例
・月1万円の節約が資産運用効果にて50年でXXXX万円になる話
・月1万円の節約=50年で600万円~3693万円の家計改善効果!
・イデコ(iDeCo/個人型確定拠出年金)この配分・30年で約800万を”2000万円以上”にする計画
・積立額が同じでも、年金以外に老後使えるお金が月1.9万円と月13.6万円と差がつく理由
・同じ積立額でも35年で、現金966万円<投信2191万円<イデコ3549万円と差が付くわけ
・金融資産運用の効果がライフプランに与える影響を検証する方法
・イデコ(iDeCo/個人型確定拠出年金)は公的年金(厚生年金、国民年金)の不足分を補えるのか?
・【投資信託】インデックス(パッシブ)型とアクティブ型はどちらを選ぶ?
・イデコ(iDeCo/個人型確定拠出年金)ファンドはパッシブ型(インデックス型)で手数料の安いものを選ぶ3つの理由
・SBI証券のイデコ(iDeCo/個人型確定拠出年金)で国際分散投資するならこの5つのファンドがおススメ
・ライフプランを充実させる投資信託の選び方①「手数料の低いものを選ぼう」
・ライフプランを充実させる投資信託の選び方② 「基本的にはインデックス型を選ぼう」
・ライフプランを充実させる投資信託の選び方③ 「無分配型・再投資型・1年決算型を選ぼう」
・ライフプランを充実させる投資信託の選び方④ 「できるだけ解散(繰上償還)しないものを選ぼう」
・投資信託 純資産総額ランキングで買ってはいけない理由
・複利のパワーで地球で一番金持ちになる方法
・たとえば「資産運用ができれば保険は少なくていい」という話-ファイナンシャルプラン関連しあう6分野
・イデコ(iDeCo/個人型確定拠出年金)スイッチングのメリット(SBI証券)


>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG