住宅ローンを組む際の諸費用は物件価格×〇%

住宅ローンを組む際の諸費用は・・

住宅を購入する際に住宅ローンを借りれば、元本と金利を毎月返済していくわけですが、それ以外にも以下のような諸費用(初期費用のようなもの)がかかります。

融資手数料金融機関へ支払う手数料。3~5万円程。
ローン保証料保証人の代わりに保証会社に保証してもらうための保険料のようなもの。融資額×(2%+税)程が多い。(例:4000万円のローンで88万円程。) 結構大きいですね。
斡旋手数料不動産業者によってかかる場合がある。数万円。
団体信用生命保険料金利に含まれている場合が多い。
火災保険料建物・家財に対する保険。マンションの場合、5年間で3万円前後。地震保険も加入するなら5年間で6~10万円程(都道府県による)。
登記費用20~30万円(固定資産税評価額による)。法務局に登記する費用。ただ所有権を登録するだけのことなので個人的には高すぎると思っています。
印紙代2~3万円
仲介手数料中古物件を購入する場合、物件価格×3%+6万円。(例:4000万円の物件で140万円程)

ざっくりいえば、
・新築物件は物件価格の5%前後
・中古物件は物件価格の7%前後
を見ておく必要があるかと思います。

(例)
4000万円の新築を購入するなら、4200万円と考えておく必要があります。
4000万円の中古を購入するなら、4300万円程を見ておく必要があります。

また、諸費用部分については、基本的に現金で支払うと考えておくべきです。

諸費用も込みで住宅ローンに含められる金融機関もありますが、審査は厳しくなりがちです。

そういった意味でも、購入希望物件の少なくとも1割程度は頭金として用意しておく、と考えておいたほうがベターでしょう。

エクセル・ライフプラン表には以下のように入力ください

例として。

仮に上記は2022年から”3200万円”のローン、35年固定金利1.25%、維持費(固定資産税、管理修繕積立費)50万円の場合の数字です。(163万円=ローン113万円+維持費50万円)

諸費用込みで3500万円の物件を購入するにあたって、300万円を頭金として現金で支出し、残りをローンとするイメージです。

住宅ローンの数字がCF(キャッシュフロー)表に反映されたときに例えば老後が赤字になるなどの結果になるようなら、購入する住宅費を減額するとか、生活費を見直す収入を増やすなどの検討が必要になるでしょう。

ライフプラン表は(使用期限がありますが)無料でダウンロードできますので、うまく使っていただければ幸いです。


こちらが、一番使いやすいと評判の「自分で作れるエクセル・ライフプラン表」です。

「老後にXXXX万円必要」といいますが、本当にいくら必要かは個別世帯ごとにシミュレーションしてみなければ分かりません。

教育費、住宅費、老後資金、車、資産運用・・・ 主なライフイベントを網羅したあなただけのエクセル・ライフプラン表が簡単につくれるツールがこちらから無料でダウンロードできます。

自分で作れるエクセル・ライフプラン表
※PCでお使いください。
※スマホ・タブレットでも使えますが一部機能が制限されています。

>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG