月1万円の節約=50年で600万円~3693万円の家計改善効果!

突然ですが・・

月1万円なら節約できそうですか?

たとえば携帯代、食費、娯楽費、光熱費、こづかい・・・
積み上げて無理なく月1万円節約できるなら、これから明るい話をしてみたいと思います。

長期のライフプラン表(たとえば90歳や100歳までなど)をつくってみると、老後資金が枯渇してしまうプランになってしまうことがよくあります。

それを未然に防ぐためにも月1万円の節約効果と、もしそれを積立投資に回したら・・ということを考えてみましょう。

月1万円の効果は計算してみると意外に大きいもので、もし残りの人生が50年あるとして・・
(人生100年時代ですから50歳の人も残り50年ありますよね!)
月1万円×12か月×50年=600万円になります。

もし、これを年率6%で複利運用できた場合・・・
50年で3693万円になります!

10年で120万円投資、リターンは168万円
20年で240万円投資、リターンは468万円
30年で360万円投資、リターンは1006万円
40年で480万円投資、リターンは1969万円
50年で600万円投資、リターンは3693万円
(計算シートを添付しておきます)

もちろん、残りの人生がもっと長い方はさらに増えますし、月の節約額(投資額)を増やせばもっとリターンは増えます。

これはあくまで年6%で運用できた場合の話です。

しかし過去の長期積立国際分散投資を振り返れば、すべてインデックスにて国内株20%、国債20%、外国株20%、外国債券20%、外国リート20%という単純な配分で30年間(1990年~2019年)運用したとすると、年平均6.6%で運用できた、という事実もあります。

過去30年の積立投資結果

次の50年も同様の成長が期待できるかどうかはわかりませんが、ひとつの参考にはなります。

長期のライフプランをつくってみて、シミュレーションを改善したいと思うとき。
「夫婦共働き」「保険見直し」「転職」「副業」または「何かをあきらめる」という選択肢もありますが、「月1万円の節約」という小さなことから検討するのも大きな1歩になるでしょう。

しかしそれには「計画性」と「継続」が欠かせません。

計画を立てることにより月1万円の効果を認識しつづけることができるし、継続なくしては当初期待した効果は得られません。

月1万円節約して、1か月でやめてしまったらライフプランの改善効果はほぼないに等しい。

気になる方はライフプランの作成(計画)と継続を実行してみてください。

▼参考になることがありましたらシェアいただけるとうれしいです。

こちらが、一番使いやすいと評判の「自分で作れるエクセル・ライフプラン表」です。

「老後にXXXX万円必要」といいますが、本当にいくら必要かは個別世帯ごとにシミュレーションしてみなければ分かりません。

教育費、住宅費、老後資金、車、資産運用・・・ 主なライフイベントを網羅したあなただけのエクセル・ライフプラン表が簡単につくれるツールがこちらから無料でダウンロードできます。

自分で作れるエクセル・ライフプラン表
※PCでお使いください。
※スマホ・タブレットでも使えますが一部機能が制限されています。

>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG