複利の効果

複利のパワーで地球で一番金持ちになる方法

複利の絶大な効果(単利との違いを知っておこう)

アインシュタインは複利を「人類最大の発明」と言ったそうです。

複利とは、たとえば100万円を年10%で運用すると、

1年後には110万円になる。
2年目に110万円を年10%で運用すると121万円になる。
3年目に121万円を年10%で運用すると133.1万円になる。
4年目に133.1万円を年10%で運用すると146.4万円になる。
5年目に146.4万円を年10%で運用すると161.0万円になる。
6年目に161.0万円を年10%で運用すると177.2万円になる。
7年目に177.2万円を年10%で運用すると194.9万円になる。
8年目に194.9万円を年10%で運用すると214.3万円になる。
9年目に214.3万円を年10%で運用すると235.8万円になる。
10年目に235.8万円を年10%で運用すると259.4万円になる。
増えた分も含めて資産運用、ということですね。

複利に対して、「単利」の場合は元金100万円に対して毎年10%だけ増える、という感じです。
上記と比較すると1年目から10年目まで年間10万円ずつ増えるから、10年運用して100万円増える。
つまり、合計200万円になる、ということ。

▼複利と単利の比較

複利と単利

30年という期間で比較すると、複利1745万円単利400万円と大きな違いになりますね。

複利と単利グラフ

複利の場合、金額が大きくなればなるほど尻上がりにお金が増えていくことになります。

複利の効果で地球で一番金持ちになる方法

仮に、100万円を複利年率10%で100年運用したら、138億円になります。
(単利なら1100万円)

100万円を複利年率10%で200年運用したら、190兆円になります。
(単利なら2100万円)

世界の富豪ランキングでは確かアマゾンの社長が資産十数兆円ということですから、200年資産運用できれば追い抜けますね・笑

1代ではなく2代、3代、4代、5代と孫、ひ孫、その先まで一貫した投資を続けることができて相続税がなければ地球で一番金持ちになれるかもしれません。

▼利回りと年数の投資シミューレション
DOWNLOADボタンを押してください。

▼【無料】エクセル・ライフプラン表のダウンロードはこちらから▼
DOWNLOADボタンを押してください。
※PCからダウンロードください。
▼参考になることがありましたらシェアいただけるとうれしいです。

>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG