国別損保市場ランキング

世界の国別損保市場トップ10は?

損保ジャパン日本興亜総合研究所訳、米国保険情報協会「インシュアランスファクトブック2018」によれば、各国別の損害保険市場トップ10は以下のようになっています。
(数字は2016年度、レートはUSドル円110円で計算)

 

損害保険料GDPGDP比
1アメリカ87.3兆円2058兆円4.2%
2中国22.4兆円1234兆円1.8%
3ドイツ13.2兆円385兆円3.4%
4日本12.9兆円545兆円2.4%
5イギリス11.5兆円294兆円3.9%
6フランス9.3兆円271兆円3.4%
7韓国7.3兆円156兆円4.7%
8カナダ7.1兆円169兆円4.2%
9オーストラリア4.9兆円139兆円3.5%
10イタリア4.4兆円205兆円2.1%

 

保険市場でいえばやはりアメリカが圧倒的に大きいですね。

ただ、アメリカの保険事情でいえば、日本でいう健康保険にあたる医療保険や傷害保険に各人が民間の保険会社で加入しているため、そこは差し引いて考える必要があるでしょう。

ざっくりアメリカの人口が3億人、メディケア(65歳以上)およびメディケイド(低所得者)の合計1億人を引いた2億人×一人当たり年間保険料が20万円として、約40兆円。

この場合、損害保険だけでなく生命保険も考慮しなくてはならないので、一概にはいえませんが、日本でいう健康保険の分についても相当の割合を民間の保険会社が担っているといえます。

また、中国については2016年度のデータで確固たる世界2位の地位を確立していますが、ここからたった10年前の2006年にはTOP10に入っていなく、損害保険市場は2.8兆円程でした。

中国の損害保険市場は10年でおよそ10倍になったというわけですね。すさまじい成長力です。

今後10年、20年を考えると、人口が多くGDP成長率著しいインドとか東南アジアの国々が上位にランクインしてくるのだろうと予想されますし、日本の損保会社も先手を打って積極的にその市場を取りにいっているところのようです。

 


(注)記載のある各保険については一般的な内容の説明です。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款等をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。


 


こちらが、一番使いやすいと評判の「自分で作れるエクセル・ライフプラン表」です。

「老後にXXXX万円必要」といいますが、本当にいくら必要かは個別世帯ごとにシミュレーションしてみなければ分かりません。

教育費、住宅費、老後資金、車、資産運用・・・ 主なライフイベントを網羅したあなただけのエクセル・ライフプラン表が簡単につくれるツールがこちらから無料でダウンロードできます。

自分で作れるエクセル・ライフプラン表
※PCでお使いください。
※スマホ・タブレットでも使えますが一部機能が制限されています。

>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG