新型コロナは労災認定されるのか?

日本経済新聞

医師や介護職員、スーパーマーケットの店員、公共交通機関の運転手など、社会機能を保つため職場にとどまる人は、緊急事態宣言が…

↑2020.4.22日経新聞

業務を通じて新型コロナウイルスに感染したと思われる場合、労災認定されるのかが議論となっているようです。

医師、看護師、スーパーの店員、公共交通機関など社会機能を維持するために働く方々は、命を奪われるかもしれない感染リスクを背負って職務を遂行しているわけです。

業務を通じての感染だと確認が取れれば労災認定される方向なのだろうと思いますが、会社の損害保険でいえば、政府労災の上乗せ保険である「労災総合保険」や「業務災害補償保険」(保険会社によって名称は異なる)についても保険金の支払い対象になるかどうか確認が必要でしょう。

「労災総合保険」については、各社基本的には一律の保険内容となっており、政府労災の認定があって、保険金を支払わない場合に該当しなければ、保険金が支払われるという考え方。

損保会社各社のHPを見ると、労災総合保険について、政府労災の認定があれば保険金を支払うと公表しています。

一方、「業務災害補償保険」については、損保会社によって労災認定があれば保険金支払対象という場合もあれば、原則として対象外という場合もあるようです。

社員のうち、まだ新型コロナウイルス感染者が出ていない企業についても、政府労災の対象になるのか、また、政府労災上乗せ保険の対象になるのか確認しておくとよいかもしれませんね。

 


(注)記載のある各保険については一般的な内容の説明です。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款等をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。


 


こちらが、一番使いやすいと評判の「自分で作れるエクセル・ライフプラン表」です。

「老後にXXXX万円必要」といいますが、本当にいくら必要かは個別世帯ごとにシミュレーションしてみなければ分かりません。

教育費、住宅費、老後資金、車、資産運用・・・ 主なライフイベントを網羅したあなただけのエクセル・ライフプラン表が簡単につくれるツールがこちらから無料でダウンロードできます。

自分で作れるエクセル・ライフプラン表
※PCでお使いください。
※スマホ・タブレットでも使えますが一部機能が制限されています。

>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG