賠償事故

請負賠償責任保険は元請けも下請けも両方加入する必要がありますか?

「請負賠償責任保険は元請け会社も下請け会社も両方加入が必要ですか?」と質問を受けることがあります。

工事中(作業中)に何か事故があった場合、保険対応としては、まず事故の原因と原因者を確認します。

そのうえで、その原因者が請負賠償責任保険の被保険者になっている場合、過失割合や負担するべき賠償金等について保険金が支払われます。

通常、元請け会社が加入する請負賠償責任保険の被保険者には、下請け会社も含まれていますので、元請け会社のみが請負賠償責任保険に加入すれば良い、という判断もありえるでしょう。

ただ、実際に下請け会社の責任で事故が起きた際には、本当に元請け会社の保険を頼れるか保証はありません。

もし元請け会社の請負賠償責任保険をつかって保険金が支払われれば、翌年以降の保険料UPにもつながるため、たとえば著しい不注意による事故等の場合、元請け会社は面倒を見てくれないケースもあるでしょう。

民法715条1項には、
「ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。」

とありますが、一般的に元請会社が下請会社の行った行為について責任を負うのは、指揮監督下にあったかどうかがポイントになります。

下請け会社として請け負った仕事につき完全に元請け会社の指揮監督下にあるといえないケースも多いので、下請け会社も請負賠償責任保険に加入しておく必要があると考えます。

一方、元請け会社としても下請け会社に対し、一定の作業指示をすることが通常であり、指揮監督している立場として請負賠償責任保険に加入しておく必要があるでしょう。

 


(注)記載のある各保険については一般的な内容の説明です。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款等をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。


 


こちらが、一番使いやすいと評判の「自分で作れるエクセル・ライフプラン表」です。

「老後にXXXX万円必要」といいますが、本当にいくら必要かは個別世帯ごとにシミュレーションしてみなければ分かりません。

教育費、住宅費、老後資金、車、資産運用・・・ 主なライフイベントを網羅したあなただけのエクセル・ライフプラン表が簡単につくれるツールがこちらから無料でダウンロードできます。

自分で作れるエクセル・ライフプラン表
※PCでお使いください。
※スマホ・タブレットでも使えますが一部機能が制限されています。

>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG