億万長者入門

貯蓄できない人へ。ロバートアレンの『億万長者入門』式・強制的に貯蓄を増やす方法

意志が弱くても自動的に貯蓄ができる仕組みをつくろう

今となっては古い本(初版:2002年)ですが、ロバート・アレンの『億万長者入門』によれば、90%以上の人は、収入があって、そこから支出をして、残ったものが貯蓄になる、といいます。

しかし、賢い人は、まず貯蓄する金額を決めて、残った分で支出を行う、と。公共料金の支払いよりもなによりも貯蓄が優先。貯蓄した分は容易に引き出せないよう別口座に移すなどします。

現実的に考えれば、必要最低限の支出の予算を決めて、残りを強制的に貯蓄に回す、ということになるのかもしれません。

多くの場合(私もそうですが)、当初考えていた支出(予算)以外の急な出費があり、結果的に思っていたよりも貯蓄できなくなるもの。

それが毎月続き、結果的に年間貯蓄額がわずかになってしまう。

強い意志がなければ、予算外の支出を認めてしまう弱い心が優先してしまう。あれば使ってしまう、というやつですね。

しかし、最初に普段使わない別口座に貯蓄をしてしまうと、残った金額でやりくりするしかなくなります。意志の力で貯蓄をするのではなく、強制的な貯蓄システムをつくってしまうということ。

・給与天引き(財形、保険など)
・確定拠出年金
・貯蓄型保険
・積立型投資信託
など

家計も予実管理がなされる企業や役所のように「予算制」にして、予定外の出費は基本的に許さない、そういう仕組みが計画通りの貯蓄を実現させるのでしょう。

または、貯蓄する意志の強い人は毎月、支出予算を立てて、毎月残るだろう金額を手動で別口座に移すこともかなり有効に働く場合があります。

強制的な貯蓄システムだと、いくらかは安全を見てしまうもの。

強い意志をもって毎月手動で貯蓄をしていくと本当に無駄のない貯蓄優先の家計管理ができるかもしれません。

(ただし、予算外の支出をしないため、友達付き合いには多少影響が出るかもしれない)

では、貯蓄額はどう決めるのか?

貯蓄優先といっても、なんのための貯蓄なのか「目的」がはっきりしなければ普通の人は途中で投げ出してしまいがちです。だから貯蓄にも「目的」があった方がよい。

将来の家計の目的は人それぞれですが、たとえば、

・老後資金(月生活費〇〇万円)のため
・子どもの教育資金(〇年後に〇〇〇万円)のため
・住宅購入(〇年後頭金〇〇〇万円)のため
・〇年後の海外旅行(〇〇万円)のため

など、具体的に「時期」や「金額」を設定することが大切でしょう。

また、人の夢(ここでは支出のこと)は多くの場合すべて叶わないもの。

たとえば普通のサラリーマンが、5000万円の住宅を購入して、車は高級車で、妻は専業主婦で、子どもの教育は小学校からオール私立で、老後は優雅に遊んで暮らしたい、などという夢は無理があると思います。

優先順位をつけたり、どこかで諦めたり妥協する必要も出てきます。

そのためにはまず、将来の家計収支を見通すためのライフプランをつくり、何ができて何を諦める必要があるのか検証してみるとよいでしょう。

そして、貯蓄の分を上手に「投資」に回すと長期的には、それをしなかった場合と比べて大きな差が生じます。

『億万長者入門』では、毎日1000円(毎月3万円)を年20%で運用すれば20年後には「1億円」になるとのこと。

ただし、年20%というのは無理があるので、たとえば、外国株(MSCIコクサイインデックス)の過去30年(1990-2019)の平均リターンは年10.5%でした。

30年で1億円をつくろうと思うと、毎月約5万円を投資するということになります。

毎月5万円ならばできそうだと思う人もいるでしょう。

経済学者のピータードラッカーによれば、人は1年でできることを過大評価し3年や5年でできることを過小評価する、といいます。

これと同じように、いきあたりばったりで過ごさず、長期的な視点でライフプランを考えると数十年後の自分が数十年前の自分に感謝する時が来るかもしれませんね。

▼参考になることがありましたらシェアいただけるとうれしいです。

こちらが、一番使いやすいと評判の「自分で作れるエクセル・ライフプラン表」です。

「老後にXXXX万円必要」といいますが、本当にいくら必要かは個別世帯ごとにシミュレーションしてみなければ分かりません。

教育費、住宅費、老後資金、車、資産運用・・・ 主なライフイベントを網羅したあなただけのエクセル・ライフプラン表が簡単につくれるツールがこちらから無料でダウンロードできます。

自分で作れるエクセル・ライフプラン表
※PCでお使いください。
※スマホ・タブレットでも使えますが一部機能が制限されています。

>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG