5G

5Gの普及で自動車保険料が安くなる6つの理由

4/3の保険毎日新聞に5Gと自動車保険に関する記事がありました。

(英・マーカースタディ・IT部門責任者、アダム・ミラー氏他による)

5Gが普及すれば以下の理由により自動車保険料は安くなっていくだろうとの見方を示しています。

 

コネクテッドカーからの情報収集量増大により安全な車の判別が拡大

運転頻度、走行安全性などの情報を保険会社が把握することで、安全な車・運転者に対しては保険料の割引があり得る。

 

自動運転により事故減少

ぶつからない車の普及により事故が減少。

 

異常気象などを避ける機能

洪水などの情報と連携、自然災害から自動車を守る。

 

事故時の映像共有の高度化、事故査定コスト減

事故時の映像共有により過失割合判定がスムーズに。車同士の接触の場合、両者の主張が食い違うことで示談まで数か月かかることもあるが、それがなくなり査定コスト減。

 

車同士のコミュニケーションによる事故回避

車同士もつながり互いに接触回避をする機能。

 

自動運転によりドライバーの責任減少→メーカー責任へ

自動運転時の事故の原因はセンサーの不具合とみなされれば、運転者の自動車保険ではなくメーカーの製造物責任保険が負担することになる。

 

日本では毎年4000人前後(つまり1日10人以上)が交通事故で亡くなっていますので、テクノロジーの力でこれが激減できて、結果的に自動車保険料も安くなる方向になると良いですね。

 


(注)記載のある各保険については一般的な内容の説明です。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款等をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。


 

 


>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG