AI査定

自動車事故 人を介さず保険金支払い(損保ジャパン)

日経新聞に自動車保険、人手介さず 損保ジャパン AIで査定・支払いという記事が掲載されておりました。

自動車保険のうち車両保険の部分について、損傷した車の箇所を契約者が写真を撮り、その画像を基にAIが支払保険金額を判定、人を介さずにオンライン手続きのみで保険金をすぐに受け取ることができるというもの。2021年からのスタート予定とのことです。

年間17万件ある車両損害のうち、AIで判定しやすい軽微な損傷や、全損事故、約3万件が対象になる、と。

通常は車両損害があれば、ディーラー等で修理見積を取得し、保険会社にてチェック、金額や修理方法に問題がなければ保険金を支払う、というものでした。

AIで即「〇〇万円の支払いになります」と提示された場合、実際の修理額との乖離も生じてくるのでしょうが、その分、損害査定社員の業務効率化を優先するということなのでしょう。また、運用を始めればAIの精度も高まっていく期待があるのかもしれませんね。

ライバル会社の東京海上も、アメリカのメトロマイル社と組んで、同様の方策を検討中ということです。

自分でつくれるエクセル・ライフプラン表

 東京海上ホールディングスは2020年にも自動車保険の保険金を最短で即日に払えるシステムの導入をめざす。米保険スタートア…

 

損保会社として、長期的には自動運転などで自動車事故が減っていく中、主力商品である自動車保険市場が縮小していく予想に加え、近年の自然災害多発による収益悪化など、効率化できることは積極的に取り入れていく方針なのでしょう。

 


(注)記載のある各保険については一般的な内容の説明です。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款等をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。


 


>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG