世界 自動車事故

世界の損害保険市場ランキング(2017年)

世界の国別損保市場トップ10(2017年)

SOMPO未来研究所訳、米国保険情報協会「インシュアランスファクトブック2019」によれば、2017年の各国別の損害保険市場トップ10は以下のようになっています。
(レートはUSドル円110円で計算)
(損害保険料は再保険料支払い前)

 

損害保険料GDPGDP比
1アメリカ91兆円2264兆円4.0%
2中国25兆円1470兆円1.7%
3ドイツ14兆円435兆円3.2%
4日本13兆円547兆円2.3%
5イギリス10兆円311兆円3.3%
6フランス10兆円306兆円3.2%
7韓国9兆円189兆円4.6%
8カナダ7兆円188兆円4.0%
9イタリア5兆円228兆円2.0%
10台湾2兆円65兆円3.2%
合計185兆円6004兆円3.1%

 

↓ちなみに2016年

損害保険料GDPGDP比
1アメリカ87.3兆円2058兆円4.2%
2中国22.4兆円1234兆円1.8%
3ドイツ13.2兆円385兆円3.4%
4日本12.9兆円545兆円2.4%
5イギリス11.5兆円294兆円3.9%
6フランス9.3兆円271兆円3.4%
7韓国7.3兆円156兆円4.7%
8カナダ7.1兆円169兆円4.2%
9オーストラリア4.9兆円139兆円3.5%
10イタリア4.4兆円205兆円2.1%
合計180.3兆円5456兆円

 

インシュアランスファクトブックでは生命保険料も含めたトップ10を掲載しておりますが、ここでは損害保険料のみ取り上げています。

(前年までなかった台湾がトップ10入りし、オーストラリアがなくなっている不自然はそのため)

1年前に比べ、合計GDP、合計損害保険料ともに増えています。

海外でも巨大な風災や山火事などの自然災害が増えていることで、損害保険料も増えているのですね。

日本は損害保険市場で4位になっていますが、GDP比は加重平均で3.1%のところ、2.3%と低めです。

地震や台風、火山噴火のリスクは高いはずですが、他国に比べたら損害保険として積極的にリスクヘッジしていない、ということなのかもしれませんね。

今後の10年を考えると、人口が多くGDP成長率著しいインドや東南アジアの国が上位にランクインしてくるのだろうと予想されますし、日本の損保会社も先手を打って積極的にその市場を取りにいっているところのようです。

 


(注)記載のある各保険については一般的な内容の説明です。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款等をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。


 


>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG