格付け

主要損保会社の格付2019

損害保険の見積もりや入札の際に、特に大手の会社の場合、各損害保険会社の格付について確認がされることがあります。

現時点で国内で営業している損害保険会社の財務力(保険金支払能力)についてはいずれも問題ない状態といえます。

2020.3時点での主要損保会社の最新の格付は以下の通り。

損保会社S&P
Standard&Poors
(保険財務力)
R&I
格付投資情報センター
(発行体格付)
基準日
損害保険ジャパン日本興亜A+AA2019.6.11
あいおいニッセイ同和損保A+AA2019.7.1
日新火災海上AA2019.7.1
Chubb損害保険AA-2020.1
東京海上日動A+AA+2019.6.1
三井住友海上A+AA2019.7.1
AIG損害保険A+2019.5.21

 

S&P格付定義(保険財務力)

AAA スタンダード&プアーズの見方では、保険契約債務を履行する能力は極めて強い。スタンダード&プアーズの最上位の保険財務力格付け。
AA保険契約債務を履行する能力は非常に強い。最上位の格付け(「AAA」)との差は小さい。
保険契約債務を履行する能力は強いが、上位2つの格付けに比べ、事業環境が悪化した場合、その影響をやや受けやすい。
BBB 保険契約債務を履行する能力は良好だが、上位の格付けに比べ、事業環境が悪化した場合、その影響を受けやすい。
BB 保険契約債務を履行する能力は限界的である。強みもあるが、事業環境が悪化した場合、債務を履行する能力が不十分となる可能性がある。
保険契約債務を履行する能力は弱い。事業環境が悪化した場合、債務を履行する能力が損なわれる可能性が高い。

プラス記号またはマイナス記号が付されることがあり、それぞれ、各格付けカテゴリーの中での相対的な強さを表す。

 

R&I格付定義(発行体格付)

AAA信用力は最も高く、多くの優れた要素がある。
AA信用力は極めて高く、優れた要素がある。
信用力は高く、部分的に優れた要素がある。
BBB信用力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある。
BB 信用力は当面問題ないが、将来環境が変化する場合、十分注意すべき要素がある。

AA格からCCC格については、上位格に近いものにプラス、下位格に近いものにマイナスの表示をすることがあります。プラス、マイナスも符号の一部です。

R&I格付投資情報センターによる損害保険会社に対する格付については、以下の観点で評価を行っているとのこと。(R&I格付方法「損害保険会社」より)

 

1事業リスクの見方
 1産業リスクの見方
  (1)市場規模、市場成長性、市場のボラティリティー
  (2)業界構造(競争状況)、顧客の継続性・安定性
  (3)保護・規制、公共性
 2個別企業リスクの見方
  (1)営業基盤
   (a)市場での地位と競争力
   (b)事業多角化・地域分散の状況
  (2)リスクプロフィール/リスク選好度
2財務リスクの評価
 1リスク耐久力
  (1)リスク対バッファー
  (2)リスク/自己資本管理態勢
 2収益力
 3流動性

 

 


(注)記載のある各保険については一般的な内容の説明です。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款等をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。


 


>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG