たとえば保険と資産運用がどう関係するのか?-ファイナンシャルプラン関連しあう6分野

たとえば保険と資産運用がどう関係するのか?-ファイナンシャルプラン関連しあう6分野

個人のライフプランを考えるとき、ファイナンシャルプランニングでは主に以下「6つの分野」を扱う。そして各分野は独立しているものではなく他の分野と少なからず関連しあうもの。

1.ライフプラン
2.リスクと保険
3.不動産(住宅)
4.金融資産運用
5.税金
6.相続

1.ライフプラン

まず、現状の収支を確認し、住宅、教育資金、老後などのライフイベントについて総合的にシミュレーションを行う分野。まずは、大きな病気やケガ等がない前提で考える「メインシナリオ」をつくる。将来の収支が厳しい場合には優先順位を確認し、収入を上げるか、何か支出を減らす検討を行う。

【無料】エクセル・ライフプラン表のダウンロードはこちらから▼

※PCからダウンロードください。

2.リスクと保険

家族の死亡、大きな病気・ケガ、就業不能などのリスクに備えるための検討を行う分野。最悪の想定としてたとえば、世帯主が今亡くなってしまった場合や就業不能時のシミュレーションを行う(リスクシナリオ)。世帯の収入や環境がどうなるかを想定し、必要に応じて配偶者の収入を上げる、支出を減らす、保険を活用するなどの対策を検討する。

3.不動産(住宅)

個人の支出としては一番大きくなりうる住宅について購入計画や賃貸プラン(借りる、貸す両方)、修繕・維持費用などの最適プランを検討する分野。

4.金融資産運用

個人の「リスク許容度」と「資産運用の目的」に応じて、たとえばローリスクローリターンやミドルリスク・ミドルリターンなどの基本戦略をたて、どのような金融資産にどのように投資すべきかを検討する分野。資産運用を行っていると、たとえば「日本株は調子いいけど、海外資産は調子悪い」ということが生じ、当初の保有資産割合が変わってくるもの。「安値で買って高値で売る」という基本的な投資哲学の実践と、当初の「基本戦略」に立ち返る意味で、定期的(たとえば1~2年ごと)なリバランスも検討する。

5.税金

自分に関係している、または将来関係するかもしれない税金について考える分野。一般的な会社員世帯の場合、いますぐに劇的な節税などの対策はとりづらいが、徴収される税の仕組みを知ることで、場合によっては税額を抑えることもできる。特に大きなお金が動く住宅の売買や、相続では選択肢によって税額が大きく変わるケースがある。また、保険に加入することでの保険料控除や、金融資産運用で差益が出た場合の税額を知っておくことも有用である。

6.相続

相続対策は、①円満な相続、②相続税対策の2つを検討する必要がある。相続をうける立場の場合、積極的に相続対策に関与しづらい場合もあると思うが、相続対策の選択肢を知ることで、無駄に争ったり、無駄な相続税を払わなくて済むケースもあるでしょう。少なくとも、どれだけの相続資産があるのか、それを円滑に分けることができるか、相続税はどれだけかかりそうか想定だけはしておく必要がある。

関連しあう6分野

では、各分野が他の分野とどのように関連するのか考えてみる。
一見関係なさそうなことと関連付けて考えることで、効率的な経済思考を醸成することができると思う。

たとえば、「住宅購入」の場合、”税金“が関係しますし、どこにいくらの”住宅“を買うかで大筋の”ライフプラン“が決まることもあるでしょう。住宅ローンを組めば団体信用生命保険に加入することで”保険“を見直すきっかけにもなりますし、最終的にその住宅を誰に”相続“させるかまで考えることもあるでしょう。

「金融資産運用」の場合、差益に”税金“がかかる。また、”住宅ローン“がある場合、たとえば手元にある〇〇〇万円を繰上げ返済するのか、”資産運用“に充てるか、”教育資金“にとっておくかなど検討することもあり得る。

たとえば「保険」に加入する場合。
現状だと、生命保険会社または保険ショップなどではライフプランをつくるまでには至らず、「一般的にはこうですよ」というレベルのアドバイスを基に保険に加入しているケースが多いように感じている。しかし本当ならばライフプランをつくり、遺族の生涯にわたってどれだけ金融資産が不足するのか把握してから保険に入るべきだと思う。その方が納得感があるし、過不足ない保険加入になる。また、万一の場合の保険金を資産運用するのかどうかでも、どれだけの保険に加入するか変わってくるだろう。たとえば、3000万円の保険をほぼ0%金利の普通預金に預けるのか、または年平均リターン3%で運用できるかでは大きな違いがある。(3000万円×3%=年間90万円を生み出す)

「相続」について考える場合も「相続」単体ではなく、ライフプランをつくって、資産がどのように推移するのか、万一の場合の保険はどれだけ受け取れるのか、税金はどうなるか、住宅があればそれをどうするのか、様々考える必要がある。

各分野の専門家とFPの役割

各分野にはそれぞれ専門家がいる。
保険なら保険会社、不動産なら不動産業者、資産運用なら証券会社や銀行、税金や相続なら税理士という具合。

FP(ファイナンシャルプランナー)の重要な役割の一つは、各分野をそれぞれ独立して考えるのではなく、必要に応じて関連付けて検討し、そのうえで最適な解または選択肢を提供することにある。

そして、必要に応じて信頼できる税理士や、弁護士、不動産業者、保険会社などを紹介するというパイプ役の機能を発揮し、最適なマネープラン実現のために機能する。

しかしながらFPの課題。
そういう理想的なFPの役割を提供できるFPがそもそもどれだけいるのだろう、という感じがしているのと、優秀なFPを見つけたとしても、相談料に数万円などという費用が掛かる。これでは庶民はうかつに相談できない。このあたりオンラインサービス(またはクラウドサービス)のような形で普及すれば良いと思うのだが、ローテクなFP業界においてはまだまだ先の話なのかもしれない。



▼何か参考になることがありましたらシェアいただけると嬉しいです。