夫が亡くなった場合、遺族年金はいくらもらえるのか?

もし夫が亡くなったら遺族年金はいくらもらえるのか?

もしあなたが結婚している妻なら、保険を検討するとき、今後の働き方を考えるとき、子供ができたとき等に一度は考えることがあるだろう。

夫が会社員か自営業か、年齢、それまでの平均年収、18歳以下の子供の数などによって遺族年金の受給額は変わるが、参考値としてはざっくり以下のようになる。

<会社員の夫が亡くなった場合>
※それまでの平均年収400万円として。

18歳以下の子供が3人の間170万円/年
18歳以下の子供が2人の間160万円/年
18歳以下の子供が1人の間140万円/年
18歳以下の子供なし&妻30歳以上100万円/年
妻65歳以上120万円/年

夫が亡くなると、生活費は少し下がるだろう。夫が団体信用生命保険付きの住宅ローンを組んでいる場合はそのローン返済が不要になるだろう。

それでも、たとえば子供が二人いて年間160万円では生活が厳しいと思う。

その場合、妻がどれだけ就労による収入を得ればよいのか、またはどれだけ保険に加入しておけばよいのか、少なくともどういう生活水準を維持したいか、そういうことを平時から考えておくことがイザというときのためになる。

上記は過去の平均年収が「400万円」と想定しているが、たとえば、それまでの平均年収が「500万円」だった場合は、上記金額+10万円程/年と考えておけばよい。

ちなみに、厚生年金加入者でない自営業の場合は、遺族年金は上記金額から年間40万円程ダウンし、なおかつ18歳以下の子供がいない期間、遺族年金はゼロとなる。

会社員の方がずいぶん手厚い保障があるといえる。


こちらが、一番使いやすいと評判の「自分で作れるエクセル・ライフプラン表」です。

「老後にXXXX万円必要」といいますが、本当にいくら必要かは個別世帯ごとにシミュレーションしてみなければ分かりません。

教育費、住宅費、老後資金、車、資産運用・・・ 主なライフイベントを網羅したあなただけのエクセル・ライフプラン表が簡単につくれるツールがこちらから無料でダウンロードできます。

自分で作れるエクセル・ライフプラン表
※PCでお使いください。
※スマホ・タブレットでも使えますが一部機能が制限されています。

>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG