ライフプラン表を作成するなら1月がおすすめ

明けましておめでとうございます。2020年となりました。
元号も改まり、2020年代に入り、干支も「ねずみ」とリスタート。

今年は日本でオリンピックもあるし、とりわけ2020年代はテクノロジーが進化し、新たな時代・価値観が生まれてくることになるのでしょう。

年末年始は改めて今後の生き方などを考える方も多いのではないでしょうか。
新年の目標を立てたり、何かを決意することもあると思います。

住宅購入、子供ができる、転職、結婚、リタイア、車を買う、資格にチャレンジ・・など人生の転機になるようなことについても考えるかもしれません。

これからの人生の岐路を考える場合、お金は深くかかわる要素ですが、個人の将来の家計収支についてライフプラン表を作成する場合、「1月」というタイミングは都合がよいと思っています。

ライフプラン表を作成する時期として「1月」が良い理由
・新年または今後の目標などを考える時期だから
・12月が終わり、前年の年間収支が明らかになる時期だから

企業の決算の時期は様々ですが、個人の決算は1月~12月です(確定申告ベースでいえば)。

ライフプラン表を作成する場合、いつを起点にするか、まず悩むことが多いのですが、1年間の途中から作成すると、その年の収支実績と収支予測、また、別に来年以降の年間収支を考える必要があるので、少し面倒です。

ライフプラン表の起点を1月とすれば、年間収支は今年の分だけを考えればよいので、そういう意味でもライフプラン表の作成は1月がもっとも適しているのではないかな、と感じております。


こちらが、一番使いやすいと評判の「自分で作れるエクセル・ライフプラン表」です。

「老後にXXXX万円必要」といいますが、本当にいくら必要かは個別世帯ごとにシミュレーションしてみなければ分かりません。

教育費、住宅費、老後資金、車、資産運用・・・ 主なライフイベントを網羅したあなただけのエクセル・ライフプラン表が簡単につくれるツールがこちらから無料でダウンロードできます。

自分で作れるエクセル・ライフプラン表
※PCでお使いください。
※スマホ・タブレットでも使えますが一部機能が制限されています。


>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG