シリコンバレーで起きている本当のこと

(書評)「シリコンバレーで起きている本当のこと」

あまり読まないのに本棚に残っている本を処分するため、役立ったことをメモしておく。文章は抜粋でなく感想。

書籍名:「シリコンバレーで起きている本当のこと」
著者:朝日新聞サンフランシスコ支局長 宮地ゆう
初版:2016年
評価:☆☆☆☆

日本では理系でもないのにエンジニアになるケースが多い。グーグルは本当にコンピューター大好きという人だけが集まっている。

アメリカにはそもそも国の法律で定める有給の産休・育休がない。いくつかの州で企業に有給制度を義務付けている程度。企業独自の産休・育休制度をもつのはわずか12%だが実態は復帰時の身分保証のみ。女性の4人に1人が10日で職場復帰している。

シリコンバレーの優良企業(グーグル、フェイスブック、ツイッター、ネットフリックスなど)はもう少しマシな産休・育休制度を導入しはじめている。

アマゾンでは猛烈社員を求めている。

シリコンバレーは米国一のコネ社会

高学歴労働者ビザ発給のうち7~8割がインド人

インド系躍進の要因はTiE(インダス起業家の会、規模数千人、1992~)とインド工科大同窓会ネットワーク(シリコンバレーだけで5千人以上)

インド人は英語と数学の素養プラス人脈ネットワークによってシリコンバレーで成功している

シリコンバレーの格差は激しく家賃が高くホームレス人口は全米3位。世帯の3割が生活保護。

シリコンバレー企業は税金逃れが上手く自治体の財政はボロボロ、道路はガタガタ。

自動運転自動車は右側に親子、左側に大人2人がいたらどちらを避けるべきか。

人間の命令なしに敵を見分ける自立型兵器(陸、空、海)は実現可能な状態。

NSA(米国家安全保障局)ではこっそり国民への無差別データ収集を行っている。日本人のネット利用履歴、メールもすべて収集・監視されていると考えた方がいい。そのデータはファイブ・アイズ(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)で共有されている。テロ捜査が目的。アップル製品利用者の情報は漏えいしていない?

中国も同じことをしている。

年間ロビー活動費 グーグル20億円以上、フェイスブック10億円以上、その他も然りで年々伸びている。

成績だけでなく、これからは制作したアプリが履歴書替わりにもなる。

IT企業への就職と1000万円以上の年収を目指して高額(200万程)なブートキャンプに参加、3か月・1日10時間以上勉強するプログラムがあり200時間程かかる課題をこなし入学を認められるのはわずか3%。卒業生の初年度平均年収は1160万円。

選ばれた受刑者向けのプログラミング講座。安定した職につければ再犯率が下がる狙い。


こちらが、一番使いやすいと評判の「自分で作れるエクセル・ライフプラン表」です。

「老後にXXXX万円必要」といいますが、本当にいくら必要かは個別世帯ごとにシミュレーションしてみなければ分かりません。

教育費、住宅費、老後資金、車、資産運用・・・ 主なライフイベントを網羅したあなただけのエクセル・ライフプラン表が簡単につくれるツールがこちらから無料でダウンロードできます。

自分で作れるエクセル・ライフプラン表
※PCでお使いください。
※スマホ・タブレットでも使えますが一部機能が制限されています。

>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG