自分でつくれるエクセル・ライフプラン表1.52ver.をアップ

自分でつくれる・エクセルライフプラン表をときどき(1~2か月に1回程度)機能改善している。

今回は、2点大きめの改善。

1.子供の教育費をUPDATE

文科省 令和3年度子供の学習費調査の結果
令和3年度子供の学習費調査の結果

令和3年度の学習費調査。
幼稚園は、「教育費無償化」の影響か、以前よりも下がっている。
私立幼稚園は50万円くらい→30万円くらいへ。

小学校、中学校、高校はすこしずつ高くなっている。

少子化&両親の共働き化で、一人にかける教育費が上がっているのかな。

大学費用も少しずつ上がっている様子。

ライフプラン表には、選んだ進路について平均額を5万円きざみで多めに設定した額が反映するようにしている。

2.NISAの恒久化に伴い益金の税率0%をデフォルトに

これまでは、iDeCoが終わったあとやNISAの非課税期間が終わったあと、またはiDeCoやNISAを超えて資産運用する場合を想定し、投資資産の益金に対する税率は20%をデフォルトとしていた。

(実際の運用成績は定期的にメンテナンスすることで反映)

2024年からNISAが恒久化することや投資可能額の上限引き上げ、iDeCoも年齢の引き上げとなるので、投資資産の益金に対する税率は0%をデフォルトとして設定。

20%も選べるようにした。


こちらが、一番使いやすいと評判の「自分で作れるエクセル・ライフプラン表」です。

「老後にXXXX万円必要」といいますが、本当にいくら必要かは個別世帯ごとにシミュレーションしてみなければ分かりません。

教育費、住宅費、老後資金、車、資産運用・・・ 主なライフイベントを網羅したあなただけのエクセル・ライフプラン表が簡単につくれるツールがこちらから無料でダウンロードできます。

自分で作れるエクセル・ライフプラン表
※PCでお使いください。
※スマホ・タブレットでも使えますが一部機能が制限されています。

>「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

「老後資金にXXXX万円必要」といってもシミュレーションしてみなければ分からない

ライフプランを「自分で」「エクセルで」サクサクつくれて一番使いやすいと評判のツールです。

CTR IMG