金融資産運用

2/2ページ

個人型確定拠出年金(iDeCo) 国際株式を選ぶ(SBI証券)

前回の記事、個人型確定拠出年金 国内株式を選ぶ(SBI証券)に引き続き、今回は国際株式を選んでみたいと思います。 SBI証券の確定拠出年金では国際株式が11本用意されています。BRICsやアジアの中でも新興国に投資するもの、世界の新興国に投資するものなど、いろいろ気になります。基本的には「信託報酬の低いもの」「インデックス型」という観点で、以下3つを調べてみます。 ・DCニッセイ外国株式インデック […]

個人型確定拠出年金 国内株式を選ぶ(SBI証券)

SBI証券で個人型確定拠出年金を始めるにあたり、各アセットからどのファンドを選ぶか考えてみたいと思います。 前回の記事、個人型確定拠出年金 どのファンドを選ぶか(SBI証券)で「インデックス型」、「信託報酬の低いもの」という視点である程度候補をあげましたが、そこから絞ります。 まずは国内株式から。 ※( )内は信託報酬の手数料率。 ニッセイ日経225インデックス(0.27%) ▼投資方針 主として […]

個人型確定拠出年金 どのファンドを選ぶか(SBI証券)

確定拠出年金資料請求

以前の記事、個人型確定拠出年金(DC)で、まずは所得税・住民税を年4万円以上削減してみるでも書いたように、少なくとも所得税・住民税が5万円前後は確実に減らせる見込みがあるし老後資金準備ということで、まずはSBI証券へ資料請求をしてみました。 SBI証券にしたのは、もともとSBI証券の口座を持っていることと、手数料が安いイメージがあるのと個人型確定拠出年金の選べる投資信託本数が他社に比べて多いから。 […]

いまはじめる国際分散投資とこれからのスタンス(2016夏)

10年以上の長期&国際分散&積立投資を考えると、大切なのは決めたポートフォリオ(資産配分)を維持することであって、その時々のトレンドに感情を動かされてはいけない、愚直に機械的に運用するのみ。 なぜなら各資産は上げ下げを繰り返しながら長期的にはプラスになっていく見込みなので、一時のマイナスはその後のプラスで解消されていく。 決めたポートフォリオは1年ごとなどリバランスして資産配分割合を維持して、期待 […]

ライフプランを充実させる投資信託の選び方⑤ 「基本4アセット+1ぐらいから選んで分散しよう」

分散投資

当サイトでは、10年後以降のライフプランを充実させるため、「長期&国際分散&積立投資」をおすすめしています。 この主旨に沿って前回までの記事で投資信託の選び方について記載してきました。 ライフプランを充実させる投資信託の選び方 ①手数料の低いものを選ぼう ②基本的にはインデックス型を選ぼう ③無分配型・再投資型・1年決算型を選ぼう ④できるだけ解散(繰上償還)しないものを選ぼう 上記を踏まえたうえ […]

ライフプランを充実させる投資信託の選び方④ 「できるだけ解散(繰上償還)しないものを選ぼう」

当サイトでは老後の経済不安を軽減するなどライフプラン充実のため、主に30代、40代以下向けに少なくとも10年以上の長期投資を推奨しています。年単位でみれば±20~30%騰落しても、分散投資、積立投資しながらの長期投資ならば、いつ投資を始めても結果的に平均年利回り3~7%程度を期待できるからです。 (関連記事→:過去25年間の投資シミュレーション) 長期投資において投資信託を活用する場合、できるだけ […]

ライフプランを充実させる投資信託の選び方③ 「無分配型・再投資型・1年決算型を選ぼう」

無分配、再投資

当サイトでは主に30代、40代以下向けに少なくとも10年以上の長期投資を推奨しています。年単位でみれば±20~30%騰落しても、分散投資、積立投資しながらの長期投資ならば、いつ投資を始めても結果的に平均年利回り3~7%程度を期待できるからです。 ↓関連記事 投資信託を活用し、長期投資を行う場合は、「無分配型・再投資型・1年決算型」を選ぶことをお勧めしたいと思います。 投資信託の決算と分配金 投資信 […]

ライフプランを充実させる投資信託の選び方② 「基本的にはインデックス型を選ぼう」

インデックス型を選ぼう

当サイトではライフプランを充実させるために、より確実性の高い金融資産運用について検討し、情報提供しています。投資手法は、「長期&国際分散&積立投資」を推奨しており、分散及び、小口からの積立が容易にかなう投資信託について考えます。 また、投資信託には大きくわけて、たとえばTOPIX(日本の上場株式すべての平均株価指数)のような代表的な指標に連動するよう運用される「インデックス型」と、その指標を上回る […]

個人型確定拠出年金(DC)で、まずは所得税・住民税を年4万円以上削減してみる

確定拠出年金3つの税金メリット 確定拠出年金は、60歳まで引き出せないという制約がありますが、以下3つの大きな税金メリットがあります。 1.掛金が全額社会保険料控除となる 確定拠出年金の掛金は、厚生年金や健康保険、雇用保険などの「社会保険料」として、全額が所得控除となります。所得控除ということは、課税される対象の課税所得が減りますので、その分所得税、住民税が安くなるということです。 2.運用益は非 […]

ライフプランを充実させる投資信託の選び方①「手数料の低いものを選ぼう」

株や投資信託などの金融資産の運用にあたっては、短期的な成果をあおる向きもありますが、万人向けではないですし、成功するかどうかもあやしく誰にも勧められるものではないと思います。 かといって普通預金や定期預金系だけでは金利がほとんどないに等しく、インフレ率1~2%を目指す政府方針を考えても、それを上回る金融資産の運用ができなければインフレ率分、貯金(資産価値)を減らしていることになります。 確実とは言 […]