カテゴリー:ライフプラン/家計

1/2ページ

2017年ふるさと納税で8万円寄付して各種返礼品をもらった結果

ふるさとチョイス

ふるさと納税は2008年4月30日に公布された「地方税法等の一部を改正する法律」からスタートしたもので、地元を離れても住民税の支払い先を愛着ある地元にしたい、という純朴なイメージもありつつ、目的は東京からその他地方への金の再分配だ。 だから東京都だけは当初から大きく反対している。 ふるさと納税による寄付金額推移(wikipediaより) わたしは東京都民でもないし、純粋に得をするからという理由でふ […]

家計簿アプリいくつか

家計簿アプリは情報漏えいしたらマズイんじゃないかということで敬遠してきたが、これからの時代ますます家計簿アプリも進化していくのだろうと思っています。 このブログで紹介しているエクセル・ライフプラン表も、アプリ化できないかな~と考えていますが、アプリをひとつつくるのって100万円以上かかるようで・・ いつかクラウドファンディングに挑戦してみようかと考えたりもします。 周辺知識、競合調査という意味でも […]

人生三毛作について考えてみる

ライフプラン表を作成するとき、多くの場合で今の会社に勤め続け、定年で終わり、そんな感じが多いです。しかしながらこれからの日本ではキャリアについてもっと幅広く、かつ戦略的に考えていく必要があるのではないでしょうか。 WBSにも出演されているA.T.カーニーの梅澤高明さんが「これからは人生三毛作」と言っておられました。 【”人生三毛作・二足のわらじ”を生きる】 梅澤さんは好きな […]

月1万円の節約=600万円~3693万円の効果!

突然ですが・・ 月1万円なら節約できると思いますか? たとえば携帯代、食費、娯楽費、光熱費、こづかい・・・ 積み上げて無理なく月1万円節約できるなら、これから明るい話をしてみたいと思います(^^ 長期のライフプラン(たとえば90歳や100歳までなど)をつくってみると、思いのほか老後資金が枯渇してしまうプランになってしまうことがあります。 それを未然に防ぐためにも月1万円の節約効果と、もしそれを積立 […]

ライフプラン表作成-金融資産は何を設定すれば良いのか?

こちらから無料でエクセル・ライフプラン表をダウンロードできるようにしております。 かんたん・サクサク入力できて、そこそこハイクオリティということにこだわって作りました。 ライフプラン表を作る際、たまにある質問です。 「金融資産残高はどこまで入力するべきでしょうか?」 ご家庭によって色んなケースがあると思います。 ・働き手は夫のみ、家計の口座は夫のもののみ ・夫婦共働き、家計の口座は夫のもののみ ・ […]

ライフプラン表のスタート時点はいつに設定すべきか?

ライフプラン表を作成しようとするとき、一番初めに悩むのが、スタートをいつに設定するべきか、ということです。 わたしはしばらく、「今」をスタート時点に設定していましたが、これは作りにくいということが分かってきました。 「今」をスタート時点に設定してしまうと、最初の1年間は数か月分の収支を入力しなければなりません。 そうすると、次年度以降の分として別途1年間の収支を考えなくてはなりません。 今年と来年 […]

平成29年度税制改正 医療費控除の注目ポイント

多くのサラリーマンは、所得税や住民税は会社が給与から差し引いて納めてくれるため、その計算は年末調整で完結しています。 しかし医療費控除など年末調整ではできずに確定申告しなければならない控除もあります。他の所得が無いサラリーマンが申告すれば、確実に所得税が還付されるものです。 この医療費控除が、平成29年3月27日で成立した税制改正法で大きく変わることになりました。 1.セルフメディケーション税制( […]

老後も豊かな生活世帯 vs 老後貧困化する世帯

たとえば同じ会社、同じような年収、キャリア、同じような家族構成でも老後、経済的に安心した生活を送れる世帯と、老後貧困化する世帯があると思う。 老後に待つのは豊かな生活か、貧困化するのかその特徴を考えてみる。 老後も豊かな生活になる世帯 ・夫婦共働きで両方とも厚生年金を受け取れる。 ・夫婦仲が良く、生涯に渡って収入以下で生活できる(計画性がある)。 ・田舎暮らしで支出が少く済む場合。 ・個人のスキル […]

7つの習慣とライフプラン

7つの習慣

ライフプラン表をつくるメリット(効果)は主に以下のようなことだと思っています。 1.現状の家計(年間収支)を把握するきっかけになる。 2.現状の家計から生涯の収支をシミュレーションできる。 3.ライフプランのなかで優先順位を考え、あれこれシミュレーションしたり対策を講じることができたりする。 4.結果として、安心感につながる。 ライフプラン表をつくったからといってすぐに劇的な家計の変化は起こらない […]

【悲報?】短時間労働者(パート、アルバイト)の社会保険(健康保険、厚生年金)適用拡大 2016年10月~

これまで「130万円の壁」などと言われていた(主に)配偶者などの働き方に関する制度が変わるようです。 参考→妻の収入103万円、130万円、140万円の壁 ざっくりいうと、これまでは年収130万円を超える見込みのパート、アルバイトについては社会保険(健康保険、厚生年金)の加入が義務付けられていましたが、2016年10月からは「正社員500名以上の企業にパート・アルバイトとして勤め、年収約106万円 […]

年齢ごと死亡する確率

年齢ごと死亡率

死亡保険は「万一に備えて」といいますがその万一は実際どれだけの確率なのでしょう? 年齢ごと死亡率(厚生労働省H26年度「簡易生命表」より) 30歳 男性0.065% 女性0.033% 40歳 男性0.109% 女性0.066% 50歳 男性0.276% 女性0.152% 60歳 男性0.703% 女性0.318% 70歳 男性1.780% 女性0.727% 75歳 男性2.785% 女性1.242 […]

老後お金に困らない人、貧困化する人。

人生、最終章は「老後」となるのが一般的。老後をどう過ごすのか? 60代で会社をやめてもまだまだ人生長いです。男性でも平均余命20年以上あります。女性なら平均余命30年近くあります。 働かないで過ごすなら、なんてつまらない生活なんだろうと思う。 働くとしても誰かに雇われるのじゃなく、自分の手で、スキルで、雇われず何かをしたいと思う。 世界では格差がより顕著になり、総中流といわれた日本も数十年後、より […]

ライフプラン表の入力方法

ライフプラン表の入力方法 0.基本情報、1.家族情報 ・開始日の年がCF表のスタート年となります。(〇月〇日自体にあまり意味はありません。) ・普通預金等、現在の金融資産を入力ください。「リタイア後」など目的別に分けている資産があれば普通預金等とは別に設定することもできます。 ・家族の年齢は年末時点の年齢が表示されます。 ・それぞれ入力したらグレーの横長のボタンを押してください。 2.給与収入収入 […]

年収1000万円でも老後破産する?

年収1000万円でも

老後というのは意外に長いもの。 会社員を65歳で定年退職したとしても、平均余命は男性で約19年(つまり84歳まで)、女性で約24年(つまり89歳まで)あります。 厚生労働省『主な平均余命』 たとえ今年収が高くても支出のありようによっては家計が破綻することも十分考えられます。仮に大病や死別がなかった場合のシミュレーションをしてみましょう。 〇夫=50歳会社員・年収1000万円(手取り年収750万円) […]

【エクセル・無料】1年間の家計簿をA4・1枚だけ(表裏)で。

エクセル家計簿

家計簿つけるのが面倒な人への提案と、家計簿の本当の目的。 家計簿のイメージってどんなでしょう? 「レシートをもとに項目を分けて記録」「毎月の収支を確認」「一喜一憂しながら改善点を探す」・・・ ちょっと面倒、なかなか続かないという方も多いのではないでしょうか? 今は、レシートをスマホで撮って自動で管理してくれるような便利な家計簿アプリもありますが、情報漏えいが絶対にないとも言えないのでなんだか怖いと […]

お金の貯まる人

私が小さいときに誰かにもらった「袋」があって、こう書いてあります。 (誰がくれたんだろう・・・) 『金のたまるひと』 一、感謝の生活をする人 一、収入以下で生活する人 一、夫婦仲の良い人 一、金や物を大切にする人 一、健康に心掛ける人 一、独立自尊心の強い人 一、仕事を趣味とする人 一、一事をつらぬく人 一、常に節約をする人 一、儲をあてにせぬ人 ▼私なりの解釈。 一、感謝の生活をする人 横柄だっ […]

貧困老人の現状、拡大する貧困老人

poor

キャッシュフロー表をつくるのは最終的に貧困老人にならないため、老後破産しないため、とも言えます。 「老後も大丈夫」、という将来予測ができて、 ・それじゃ、〇〇〇〇万円の住宅購入しよう ・教育費をこれだけかけられる ・生活費がこの水準ならOK などの判断が可能になります。 日本の年金制度が危ないのは分かっていながら、多くの人が問題を先送りにしています。自分がどの程度の年金を受け取ることができるのか、 […]

これまでの働き方では老後貧困になってしまう

カエル夫婦

結婚して子供が2人いて、サラリーマンで家を買って、車に乗って、奥さんは専業主婦。 昭和の時代はこんな感じが当たり前だったかもしれません。 よっぽど給料の良い会社か、あまりコストのかからない地域に住んでいれば別でしょうが、現代でこれは成り立たないと考えています。 どうでしょうか? 一般的なケースをつくってみましょう。 〇夫35歳、妻35歳、子供5歳と3歳。 〇夫の手取り年収450万円→定年時は650 […]

ファイナンシャルプラン関連しあう6分野

個人のライフプランを考えるとき、ファイナンシャルプランニングでは主に以下「6つの分野」を扱います。そして各分野は独立して検討するのではなく、少なからず関連しあうため、総合的に検討する必要があります。 1.ライフプラン 2.リスクと保険 3.不動産(住宅) 4.金融資産運用 5.税金 6.相続 1.ライフプラン 現状の収支を確認し、住宅、教育資金、老後などライフイベントを包括してシミュレーションを行 […]

妻の収入103万円、130万円、140万円の壁

世帯の収入として「一人の収入」なのか、「夫婦でダブルインカム」なのか、その状態がどのくらいの期間あるのか、という辺りは将来のキャッシュフローに大きく影響してきます。 そこでよく話題になるのが、妻の収入103万円(or130万円、140万円)を超えたらどうなるの?という疑問です。 働き方を考えるうえで分かりにくい部分ですが、重要なファクターです。 〇妻の収入103万円まで → 所得税がかからない金額 […]