老後も豊かな生活世帯 vs 老後貧困化する世帯


たとえば同じ会社、同じような年収、キャリア、同じような家族構成でも老後、経済的に安心した生活を送れる世帯と、老後貧困化する世帯があると思う。

老後に待つのは豊かな生活か、貧困化するのかその特徴を考えてみる。

老後も豊かな生活になる世帯
・夫婦共働きで両方とも厚生年金を受け取れる。
・夫婦仲が良く、生涯に渡って収入以下で生活できる(計画性がある)。
・田舎暮らしで支出が少く済む場合。
・個人のスキルがあるなど、老後もずっと働き続ける。
・親などから多額の相続を受ける。
など

老後貧困化する世帯
・厚生年金が片方のみ、または国民年金のみ。
・健康を害している。
・夫婦だったが離婚し世帯年金収入が少ない。
・独身で年金以外の定期収入がない。
・浪費家(計画性がない)。
など

まず、必要なのは現状と同じような生活を老後まで継続するなら、老後はどうなるのか確認することだと思う。

▼ライフプランシミュレーションはこちらから(無料ダウンロード)。

そのうえで老後資金が不足するなら、支出を抑えるまたは、収入を増やす方法を考えてみよう。

日本人は、そろそろ高度成長期の人生モデルから脱却する時期だと思う。
世界で最も高齢化の進んだ、課題先進国ニッポンは、その大きな課題を解決する道筋を世界に示し、今後あらゆる国が直面する同様の課題を解決するための見本となるよう頭を働かせるべきでしょう。

たとえば60歳で定年なんてモデルが一般的という考え方はもう危険でしょう。
終身雇用で一生同じ会社で、という考え方をしていてはいつか淘汰されるかもしれない。
年功序列型で働かないおじさんが左うちわの姿は消し去るべきでしょう。

本業+セカンドワークを当たり前にし、セカンドワークは雇われ(アルバイト等)でなく、個人のスキルを高め、生涯のワークになりうるものが推奨されるべき。

国や自治体の運営は公務員や政治家にまかせっきりのスタイルはやめて、主体的市民としてできることを考えよう。

勤め先の会社で降ってくる仕事のみをこなし、それ以外は主体性のないゾンビみたいなマインドは捨て去ろう。そして世の中のために自分ができることは何か主体的に思考する人間に生まれ変わろう。

(最後の方は自分に言ってます(^^;)